ママが集まる「アルバムカフェ」 楽しくわかる写真整理方法

アルバムカフェmeetsおもいでばこ

アルバムを、つくりませんか?そんな呼びかけに集まってくれた、絶賛子育て中のママ達。

おもいでばこブログ
こんにちは。愛知県のアルバム大使・別所咲都紀と申します。このたび、「おもいでばこ」の力を借りたアルバムカフェを開催することとなりました。開催にいたるまでの背景とわたしの思い、アルバムカフェと「おもい…

FUJIFILMの展開するプロジェクト 『アルバムカフェ』をご存じですか?

写真を持ち寄り、思い思いにアルバムづくりをたのしむ場所、それがアルバムカフェです。

写真のもつ力、アルバムの持つ力を伝え、多くの人と一緒に楽しみたいと、全国でアルバム大使が活動しています。

アナログな昔ながらの紙のアルバムを楽しむ『アルバムカフェ』と、写真を大切にするデジタル機器『おもいでばこ』が出会ったら、こんなにステキなエピソードが生まれました。

エピソード1 写真が大好き。アルバムが好き。Aさんの場合

二人の元気な男の子を育てるAさん。

写真を撮ることが好き、キレイにかわいく飾るアルバムづくりが好き。

ご自身もアルバム大使としてアルバムカフェを開きたいという希望を抱えていらっしゃいます。そんな彼女が、アルバムづくりを楽しんでいるかというと。。。

思い入れが深いほど、はじめられない・進まないアルバムづくり

Aさんは、写真をキレイに撮りたい!との想いから、一眼カメラを購入し、習い、愛しいお子さんの写真をたくさん撮りためていらっしゃいます。

おでかけ、イベント、毎日の日常写真。想いを込めて撮ったどの写真も、子供達に見せたい、大切にしたいと強く願っていました。それゆえに、アルバムに対する想いも深く、

  • アルバムに入れる写真を少ない枚数に限定したくない。
  • ていねいにアルバムをつくりたい。
  • やりたい、やらなきゃ。

そんな想いとうらはらに、大量の写真を整理し、手作りのアルバムにしていくには、あまりに時間が足りません。幼稚園に通うお兄ちゃんと1歳の弟君と毎日一緒に過ごし、自分だけの時間はとれません。子育てはいつも全力だから、夜子供が寝た後にやりたくても、体力がもたず、なかなかできないものです。

限られた時間の中では、大量の写真を管理し、選ぶだけで手一杯。アルバムカフェという場所に来ても、元気いっぱいの男の子のお世話をしながらの作業はなかなかに大変。

今は、できないのかな?あきらめた方がいいのかな?

そんな風に感じていらっしゃった、Aさんにオススメしたのが、おもいでばこです。

写真整理の救世主として、特に子育て中のママにオススメしているおもいでばこ。

おもいでばこブログ
写真整理アドバイザーの村松葉子、別所咲都紀と申します。私たちは、カメラのキタムラ豊川・諏訪店(愛知県)にて、「ママのための写真整理教室」を月1回開催しています。『撮るより見るとき伝わる愛情』をコンセ…
  • パソコンいらずの、シンプルでかんたんな操作性
  • それでいて、アルバムづくりに必要な操作がスピーディーにできること
  • 家族みんなで写真を見られること

わたしは、特に3つめのポイント
『家族みんなで写真を見られること』に期待して、Aさんにおもいでばこをおすすめしました。

アルバムを作らなくても、みんなで写真をみることができる

ママ達がアルバムをつくる理由のひとつに、『子供に、家族に写真を見せたいから』という思いがあります。

プリントし、きれいにレイアウトし、気の利いた飾りを足し、コメントを書き込む。そうやって完成したアルバムは、本当に魅力的でステキなものです。

が、それが作れないと、写真を家族に見せることはできないのでしょうか?

そんなことはありません。
おもいでばこがあれば、家族みんなで、リビングのテレビに映し出された写真を囲んで、話に花を咲かせ、おもいでを振り返ることができます。

それは、紙のアルバムを囲む時間と変わらない、家族の幸せなひとときです。

おもいでばこに写真と想いを預けて

おもいでばこと出会ったAさんは、アルバムづくりについて、こんな風に決められました。

  • 大量の日常写真、これまでに撮りためた写真は、おもいでばこに入れて家族みんなで見て楽しむ。
  • 幼稚園で購入した写真だけを、1冊のアルバムにまとめていく。

大量すぎる写真を前に、これをアルバムにしていけるのか?と心配になってしまっていたAさんですが、大切な写真をおもいでばこに入れ、家族そろって見返す経験をすることで、アルバムを作りたい、つくらなきゃという気持ちも、おもいでばこにいったん預けることができたようです。

OmoidoriやScanSnapなどのスキャナを利用すれば、園で購入したプリント写真をデジタル化しておもいでばこにいれられます。写真がしっかり残っていく安心感を得てから、写真をカットしたり重ねたり、思い切って大胆にアルバムづくりを楽しまれました。

アナログな紙のアルバムづくりを楽しむ【アルバムカフェ】と、【おもいでばこ】をはじめとするデジタル機器。

この、一見接点のなさそうなふたつが出会うことで、

  • たくさんの写真を子供達に見せたい・残したい気持ち
  • ていねいにアルバムをつくりたいという気持ち

Aさんのふたつの気持ちを満たすことができました。

絶賛子育て中のいまの限られた時間の中でも、アルバムづくりを楽しむ。家族みんなで、撮りためたたくさんの写真・おもいでを楽しむことができるのです。
アルバムカフェとおもいでばこが出会うと、こんなに満たされた時間が生まれるのです。

特別な瞬間も、何気ない瞬間も

Aさんがご家庭におもいでばこを迎えられてから、ママがスライドショーをながめてほっこりするだけでなく、お兄ちゃんが小さかった頃の写真を兄弟そろって見返したり、お子さん達や旦那様と、写真を囲んで会話することが増えたそうです。

写真は、家族一緒に何度も見返すことで、その存在や価値が何倍にも膨らみます。

おもいでばこでかんたんに整理し見返すことができるからこそ、特別な瞬間も、何気ない瞬間も、心おきなくたくさんの写真を撮ることができます。
その手軽さと安心感があるからこそ、選び取った大切な写真をアルバムにすることを、純粋に楽しむことができるのではないでしょうか。

  • アルバムカフェで、手作りアルバムを手ひまかけて仕上げること
  • おもいでばこで、大量の写真をかんたんに整理して見返すこと。

このふたつは、現代のママにとって、カンタンに写真を楽しむために欠かせないものに違いありません。

写真を大切に楽しむ、アルバムカフェとおもいでばこ。
このふたつが出会うことで、全国のアルバムカフェでステキなエピソードがどんどん生まれていくはずです。

愛知県東三河地域にて、アルバム大使、写真整理アドバイザーとして活動しています。小3、小1、1歳の子を育てる普通の母親です。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

月間人気記事ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加