「おもいでばこアンバサダープログラム(仮)」、実はこんなことしています。

こんにちは。おもいでばこアンバサダープログラム(仮)事務局です。
「おもいでばこアンバサダープログラム(仮)」が発足して、あっという間に半年が経ちました。プログラムへの登録通知が届くたび、写真と暮らしを共にする方が増えていくよろこびを感じる日々です。

▼「おもいでばこアンバサダープログラム(仮)」概要はこちらから。

さて、そんな「おもいでばこアンバサダープログラム(仮)」ですが、実際に半年経ち、どんなことをやってきたのか、改めてご紹介できればと思います。すでにアンバサダーの皆様にとっては、おさらいの内容になりますが、活動への理解をより深めるきっかけになれば幸いです。

 

■写真が集まる、人と人とがデジタルを通してつながる場所

「どうしたら、写真を楽しむ皆様にとって、その暮らしについて語り合ったり、お互いのコミュニケーションをより良い形で育てられるか」を考えた結果、立ち上げる決意をしたのが本プログラムでした。「おもいでばこ」はデジタル機器ではありますが、ひろく「写真」について深い考えを持つ方にご参加いただいており、デジタルのみならずリアルの場でもお集まりいただくことで、たくさんの新たなつながりがうまれていました。このようにデジタルを通しつつも、リアルな人と人との交流を支援することが「おもいでばこアンバサダープログラム(仮)」ならではの特徴ともいえると考えています。実際にアンバサダーの方からはこんな嬉しいつぶやきもいただいております。

3

非常に拙い運営ですが、このようなお言葉をいただけてありがたいかぎりです。プログラムの名前が現在(仮)なのも、皆様と共に活動していく中で、名前を付けたいという想いを込めています。皆様と共に作っていく過程には、様々な発見や喜びがあり、今後も皆様と「写真」のたのしさやすばらしさを一緒に共有しながらこの温かいつながりをより深めていければと思っております。

おもいでばこアンバサダーについて書いていただいた記事も一点、ご紹介させていただきます。
アンバサダー様をしてどのような活動が広がるか、逆にメーカーとのコミュニケーションの場がどんな意味をお互いにもたらすかについて書いていただいています。

▼タムラカイ様による紹介記事

 

■どんな方が参加しているの?

現在、登録いただいているアンバサダーの方は、全部で170名を超えました。(2017年11月現在)
積極的に人数を狙った取り組みはしていませんが、だからこそ、写真や「おもいでばこ」に対して何か思いのある仲間が増えていくのは、非常に嬉しい限りです。最近、おもいでばこを購入した方も、操作方法を気軽に聞けたり、長く愛用してくださっている方も意外な使い方が発見できたり、新しいつながりができたりと、皆さま、思い思いの楽しみ方で参加していただいています。

 

■どんな活動をしているの?

ここ最近活発な動きを見せているのが、アンバサダーの方限定のFacebookグループです。
現在、100名を超えるアンバサダーの方にご参加いただいており、だんだんと大きなグループに成長してきました。

4

こちらはある日のヒトコマ。日頃「おもいでばこ」を使用しているなかで生まれたちょっとした疑問を投稿すると、解決するためのさまざまなアイデアが共有されます。取り扱い説明書をこえて、実際に使っている人の声が聞けると安心しますし、日々いろいろなアイデアがシェアされるので、事務局スタッフも新しい発見が多い今日このごろです。
他にも、写真整理に関する活動のご報告やスタッフからいち早く耳寄り情報をお伝えすることも。Facebookグループは、アンバサダーの方限定の非公開グループとなります。

ほかにも、ブログやアンバサダー限定の方へのメールで「おもいでばこ」のアップデート情報からアンバサダーの方向けの催しまで、さまざまなお知らせを発信しております。

 

■アンバサダーの方限定のイベントや座談会

新商品の発売時期にあわせて、アンバサダーの方や「おもいでばこ」のファンの方にお越しいただくイベントを開催してきました。おもいでばこチームからの新商品、新機能のご紹介はもちろん、「おもいでばこ」のサウンドプロデューサーによるDJやセッション、アンバサダーの皆様によるワークショップ、「おもいでばこ」がさまざまなフィールドで活躍しているアンバサダーの方々からのトークなど、さまざまなコンテンツを互いに共有し、写真を中心に大切な人と時間や場所を共有することのおもしろさや意味などをあらためて再認識できたイベントとなりました。

2


「おもいでばこ」アンバサダープログラムのイベントの特徴は、アンバサダーのみなさんと一緒に作り上げるところにあります。メーカー主催での一方的な発信ではなく、普段それぞれがそれぞれの分野で活躍されるアンバサダーの皆様のお力を借りることで、一緒に作り上げ、一緒に楽しむイベントにこだわっています。

5

6
▼当日の模様はこちらから。

アンバサダーの皆様からもあついイベントレポートをたくさんいただきました。
ほんの一部となりますが、ご紹介いたします。

 

▼むねさだよしろうさま

 

▼網野千代美さま

また、不定期とはなりますが、アンバサダーの方発信で座談会を開催することも。テーマを設けて少人数で熱く「おもいでばこ」を語ることができる座談会には、大人数集まるイベントとはまた違った良さがありますね。

 

■モニターキャンペーン

その次にご紹介するのが、アンバサダーの方向けに実施した新型「おもいでばこ」のモニターキャンペーン。「あなたに1台「おもいでばこ」をプレゼントするとしたら、どのように使いますか?」の問いかけに、実際に皆さまに「おもいでばこ」の使い道アイデアをいただき、その取り組みについてご紹介させていただける方に、新型「おもいでばこ」をモニターとして提供するという内容のキャンペーンでした。
どれもこれもすばらしいアイデアの数々に、急遽当選台数を増やし、より多くの方に新型「おもいでばこ」を体験いただくことに。なかには、5記事に渡って、レポートをしてくださった方もいるなど、アンバサダーの皆様の熱心な想いに私たちも心動かされたキャンペーンでした。

▼モニターキャンペーンのレポート記事はこちらから。




 

■イベントのレポーターとして参加

「東京の家族写真ダイアローグ presented by おもいでばこ」

朝日新聞デジタル「&w」とのコラボレーションで開催された、蛯原英里さんと大平一枝さんによるトークショー「東京の家族写真ダイアローグpresented by おもいでばこ」。本イベントでは、おもいでばこアンバサダーのみなさまにお声がけして、5名の方にレポーターとしてご参加いただきました。「おもいでばこ」を知り、写真をとことん愛する皆さまだからこそ、一般のメディアとは違うそれぞれの目線からの濃いレポートを掲載いただきました。上記リンクから記事をお読みいただけますので、ぜひご覧ください。

 

■その他に、多種多様な依頼も

その他、外部メディアやバッファローの自社メディア記事への取材協力、ワークショップやセミナーの講師をお願いするなど、アンバサダーの皆様の多種多様な個性を生かしたご依頼や活動も行っています。

例えば、認定アンバサダーのタムラカイさん、川井拓也さんには家族円満の伝道師として、パパ向けメディアにご登場いただきました。



 

■これからも皆様と共に作っていく活動に

アンバサダーの皆様のご協力をいただきまして、だんだんと成長しているおもいでばこアンバサダープログラム(仮)。今後も写真を愛する皆様の活動の一助となるよう、支援させていただければと思います。
とはいえ、まだまだ、発展途中の本プログラム。一緒に盛り上げていくよ!という気持ちをお持ちの方、写真愛好家の方、何か自分の活動に役立てられるのでは!とピンときた方、そしてもちろん「おもいでばこ」に興味を持っていただいた方など、皆様のご参加を事務局一同心よりお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加