「おもいでばこ」開発の歩み

時代の変化に合わせて進化し続けている「おもいでばこ」誕生の秘話から現在までの歩みをご紹介します。

『孫の写真を手軽にみたい』という要望から誕生した「おもいでばこ」

「おもいでばこ」は、バッファローの創業者の発案から生まれました。2010年初頭、社内の開発チームに対して以下の言葉が向けられたことが始まりです。

デジタル時代になって、写真を撮る機器はどんどん進化しているのに、写真を見る機器や手段は全然進化していない。バッファローの持つ既存のパソコン関連の技術や、ハードディスクの技術をうまく活用し、テレビで写真を簡単に楽しめる機器の開発に挑戦しなさい。

詳しく話を聞いていくと、創業者自身の困りごとから生まれた指示だということがわかりました。つまり、「孫の写真を手軽に見たい」という、ある意味ありふれた内容の要望だったのです。

デジカメで撮った写真は、SDカードのデータをパソコンにとりこんだうえで、パソコンの操作で開く作業をしないと見られない。自分でも面倒だと思っているのに、世の中には、同じような問題に困っている人は多いんじゃないか。ということでした。

この頃は、フィルムカメラの販売が終息しデジカメが広く普及していった時期です。より写真を簡単に撮影することができるようになり、カメラが生活の中で身近な存在になりました。

「おもいでばこ」黎明期の開発コンセプトと製品化

この頃は、アナログテレビ放送の終了を間近に控え、日本中の家庭にハイビジョンを視聴できる大画面テレビが普及した時期と重なります。そのテレビをつかって写真を手軽に見られる機器を開発すれば、大ヒットするはず。そんな期待を持ちながら、開発チームは試行錯誤を繰り返しつつ、初代「おもいでばこ」の開発に取り組みました。

こうして検討を重ね、決定したコンセプトが「家族そろって写真が楽しめる、操作がカンタンでシンプルな箱」。パソコンのように使い方を覚えて操作するのではなく、手にとったリモコンで見たい写真をすぐに探し出すことができる優しい使い心地を実現したいと考えました。そうして2年間の試行錯誤を経て開発された製品が「おもいでばこ PD-100」。カメラで撮影した写真や動画を保存し、テレビに映し出す専用プレイヤーを2011年に発売しました。

スペック
  • Model PD-100
  • 内蔵HDD 320GB (最大保存枚数 写真・動画60,000枚)
  • 出力 HDMI/コンポジット アナログオーディオ
  • CPU シングルコア800MHz
  • リモコン付属
  • 有線LAN(ネットワークアップデート専用)

無線LAN通信に対応。スマホで撮影した写真を送り、プリントすることが可能に

2012年、ネットワーク機能を強化した「おもいでばこ PD-100S」を発売しました。これまで写真を撮るデバイスといえばデジカメが主流でしたが、携帯電話のガラケーからスマホへの世代交代という大きな時代の流れがあり、スマホで写真を撮影する習慣が定着し始めました。その時代の流れを受けて、以下の構想が始まりました。

  • デジカメだけでなくスマホに保存した写真がとりこめる
  • 過去にパソコンに保存した写真がとりこめる
  • 簡単にひとまとめにして楽しみ、プリントもできる

「おもいでばこ」をスマホやパソコンと通信するためにはネットワーク対応が必要です。当時、リビングにあったテレビやレコーダーといった機器をネットワークに接続するという使い方はあまりされていませんでした。そのためテレビの側に設置する「おもいでばこ」のために新しくLANを配線しなければならない家庭が多く、導入のハードルが高いという現状がありました。そこで、本製品に無線子機アダプターを接続したことで配線の必要のない、無線LAN通信を可能にしました。

加えて、スマホやパソコンと「おもいでばこ」を通信する専用ソフトを開発し、写真の送信を可能にしました。

また、「おもいでばこ」で選んだ写真を印刷できるようにするためにはプリンタ対応が必要です。エプソン社と協業し、パソコンを使わずにネットワーク経由でプリントすることを可能にしました。

PD-100 → PD-100Sのモデルチェンジによる進化
  • 内蔵HDDの大容量化 320GB → 500GB or 1TB
  • 付属品に無線子機(2.4GHz帯通信)を追加
  • エプソン社製プリンタで印刷可能に
  • スマホでリモコン操作、写真送信に対応
  • Windowsパソコンで写真送信に対応

「おもいでばこ」に保存した写真をiPhone/Androidで見ることが可能に

2013年、スマホ連携を大幅に強化した「おもいでばこ PD-100S/W」を発売しました。これまで写真整理をするためにはテレビに映像を映し出す必要がありましたが、手元のスマホのみの操作で完結するよう、本体とアプリとの通信の仕組みとアプリをフルリニューアルしました。これにより、写真を撮る→保存する→見て楽しむという一連の流れをストレスなくできるようになりました。

また、付属のリモコンのデザインを一新。ボタンの操作性向上に加え、テレビ操作が可能になったことで「おもいでばこ」の起動がスムーズに行えるようになりました。

製品の発売後、子育て真っ最中で、増え続ける子どもの写真に手を焼いていたライターの皆さまからの口コミが広がり、想定を越えた反響を獲得。ファミリー向けのコンセプトをより具体化し、次世代モデルの構想に組み込まれました。

PD-100S → PD-100S/Wのモデルチェンジによる進化
  • 最大保存枚数 写真・動画 60,000枚 → 120,000枚
  • 付属リモコンでテレビ操作に対応
  • スマホで「おもいでばこ」の写真を閲覧・編集に対応
  • 写真を大切にする人に向けた画面デザインを設計

ハードウェアを一新し基本スペックを大幅向上。新しいステージへ。

スマホ時代に直面するパパ・ママに向けた快適な使い心地を実現するために越えなければならないハードルがありました。それは、ハードウェアの一新です。気持ちのよい操作性を実現するための高速化、より多くの写真や動画を保存できるようにするための大容量化など、これまでお客様から要望を頂きながらソフトウェアでは対策出来なかった点に焦点を当て改善に取り組みました。

高解像度の映像出力に対応、無線チップを内蔵化

2015年、ハードウェアの大幅な性能向上を行った「おもいでばこ PD-1000」を発売しました。当時、フルHD出力に対応したテレビが次々と発売されたことを受け、高解像度対応のニーズに応えました。また、ハードを小型化することでテレビの側に設置しやすくなりました。無線チップを内蔵化することでUSBポートをふさぐことなく無線通信が可能になりました。

こうした取り組みにより写真整理に困っているパパ・ママから強く支持されるようになった結果、第8回ペアレンティングアワード モノ部門を受賞しました。

PD-100S/W → PD-1000 のモデルチェンジによる進化
  • 最大保存枚数 写真・動画 120,000枚 → 400,000枚
  • 内蔵HDDの大容量化 500GB or 1TB → 1TB or 2TB
  • 無線チップを内蔵化
  • ハードウェアの小型化、デザインを一新
  • CPU シングルコア800MHz → クアッドコア1.6GHz
  • スマホと「おもいでばこ」をWi-Fiで直接つなぐ「おもいでばこスポット」機能追加
  • Macパソコン向けアプリ「おもいでばこ」リリース
受賞
  • 2015年 第8回 ペアレンティングアワード モノ部門 受賞
  • 2015年 グッドデザイン賞 受賞

お店、学校、宿泊施設などで写真のスライドショー。ビジネス現場で活躍

2015年、デジタルサイネージセット「おもいでばこ PD-1000-F64B」を発売しました。「おもいでばこ」はこれまでコンシューマー向けの製品として開発を続けていましたが、お客様からビジネスの現場でも使いたいという声を多数頂き、デジタルサイネージセットモデルが誕生しました。

現場でサービスの魅力を発信する手段としてはチラシなど紙媒体が定番ですが、本製品を活用すると写真のスライドショーを大画面のモニターに映し出すことができます。サイネージとしての運用を考慮してフラッシュストレージを採用。また、設置場所に困らないようにするため「おもいでばこ」をテレビの背面やラックボードに固定できるマウントキットを付属。店舗やイベントなどにおいて来場者の注目を集め効果的なプロモーションを行う媒体としての役割を果たせるようになりました。

スペック
  • Model PD-1000-F64B
  • 容量 フラッシュストレージ 64GB
  • マウントキットを付属

無線5GHz帯の通信に対応、通信速度3倍でよりサクサク感を実現

コンセプトメッセージを新たに「とっておきは、大切な人と。」に改めリニューアルした「おもいでばこ PD-1000S」を2017年に発売しました。内蔵の無線チップを変更し5GHz帯の通信に対応、さらに内部バス最適化も加えたことで通信速度が飛躍的に向上。スマホから「おもいでばこ」に保存した動画を快適にストリーミング再生できるようになりました。

また、保存したデータをより安全に保管するディスクリカバリー機能を搭載。家族の大切な写真保管場所であるという大前提の役割をこなすため、返品された故障品を一つ一つ解析し、破損したデータの復旧機能を作り上げました。

こうした努力で「おもいでばこ」の価値を高め続けた結果、デジタルカメラグランプリ 2018 デジタルフォトアルバム部門 金賞を受賞。写真撮影のプロフェッショナルから推奨される製品として表彰されました。

PD-1000 → PD-1000S のモデルチェンジによる進化
  • 無線の対応を拡張 2.4GHz + 5GHz帯
  • Bluetoothスピーカーとの接続に対応
  • ディスクリカバリー機能追加 (PD-1000アップデート対応済)
  • 写真をスマホに転送して持ち出せるクリップ機能追加 (PD-1000アップデート対応済)
受賞
  • 2017年 デジタルカメラグランプリ 2018 デジタルフォトアルバム部門 金賞

パソコンとの連携を強化

2018年、Windows向け「おもいでばこ」アプリをリリースしました。2015年にリリースされたMac向けアプリと合わせ、パソコンと「おもいでばこ」の連携がよりスムーズになりました。写真の保管場所の一つとして定着していたパソコンから「おもいでばこ」に移すことで、これまで見返すことができてなかった写真をテレビやスマホなどを通じ、家族全員で写真を楽しむことができるようになりました。

これからの写真との付き合い方

このように、「おもいでばこ」は常に新しい時代の変化にいち早く対応し、写真との付き合い方を定義し続けてきました。これからも新しい技術は次々と登場し、写真の楽しみ方は多様化するでしょう。私たちは、技術革新の荒波に身を置きつつも、お客様の声に耳を傾け、写真の在り方を自問し続けます。そうして築き上げてきた価値観を守りながら前へ進みます。

「おもいでばこ」開発チーム一同より

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

月間人気記事ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加