【iPhone写真術】ポイントは「カメラ&ピントの固定」と「明るさ調整」

イルミネーション撮影の基本テクニック

すっかり年末の風物詩になっている街やテーマパークなどのイルミネーション。
iPhoneのカメラでイルミネーションを撮ると、手ブレしたり全体的に明るすぎたり暗くなったりして微妙な写真になることがあります。

ということで、いつも持ち歩いているiPhoneで、キレイなイルミネーション写真を撮る、ちょっとしたコツをご紹介します。

ポイント1

iPhoneが動かないように固定する

以前、花火の撮影について紹介したことがありましたが、イルミネーションの撮影も、iPhoneをしっかり固定することが重要です。
三脚を使用するのが一番ですが、デート中に三脚を出して、カメラを設置して・・・なんてことを寒空の下でやっていたらせっかくのデートが台無しになっちゃうかもしれませんよね(^_^;)。

三脚を使わなくても、iPhoneをしっかりと両手で持って、両脇を締める!シャッターは優しく画面に触れる。
そして何枚か撮って、いいものを選びましょう。

ポイント2

「AE/AFロック」でピントと露出を固定する

イルミネーションの撮影は、暗い部分と明るい部分の明暗差が大きいので、カメラ任せにすると、特に暗い部分が多い構図ではイルミネーションが明るすぎる写真になりがち。
img_01

そこで、「AE/AFロック」機能を使って、ピントと明るさの基準にする場所を固定することで、明るさを抑えた状態で撮影できます。

AEロックの使い方は簡単!画面を長押しするだけですd(^-^*)
ココを撮りたい!という場所を選んで「AE/AFロック」を使ってみましょう。
できるだけ光が密集している所がオススメです。
img_02

ポイント3

明るさアップでイルミネーションの光を華やかに

「AE/AFロック」を行った後に明るさを上げて撮ると、イルミネーションがより華やかに見えます。
「AE/AFロック」でイルミネーションにピントを合わせて露出を固定して、黄色い四角の横にある太陽のアイコンを上にスライドさせます。
img_03

実践

まずは光が密集している所で「AE/AFロック」。そして明るさアップ。

いつものシャッターを押すだけより2ステップ手間は増えますが、華やかな印象になりますよね。
img_04

以上、iPhone写真術・イルミネーション編でした。
カメラとピントを固定して、連射するだけで、去年よりキレイにイルミネーション写真が撮れるはず。
年末年始にイルミネーションを見に行かれる方はぜひ試してみてください(^-^)

関連リンク

▽【iPhone写真術】ポイントは「三脚になる」。子ども動画の基本テクニック
omoidebako.jp/blog/kodomo-movie/

▽「おもいでばこ」製品情報
omoidebako.jp

▽Googleで「おもいでばこ」の価格や詳細を検索
goo.gl/i1mkz6

このエントリーをはてなブックマークに追加