本物のスタジオでラジオDJ体験。子どもの一生懸命な姿を「おもいでばこ」へ

Radio NEO DJ体験イベント開催

名古屋市瑞穂区にあるFMラジオ局「Radio NEO」で子どもたちのDJ体験イベントが開催されました。「Radio NEO」は2014年にスタートした新しいFMラジオ局で、中京圏を中心に放送しています。このイベントは、最新の機器をそなえた本物のDJブースで、子どもたちがDJ体験をするというもの。本格的な職場体験ができると聞いて、たくさんのキッズたちが参加しました。

img_01

 

初めてのスタジオにドキドキ

イベントは午前と午後の部に分けて開催し、それぞれ15名の子どもたちが参加。3つのグループに分かれてDJ体験をしてもらいました。子どもたちはあらかじめ用意された台本に、自分のDJネームとセレクトした曲目を記入してDJブースへ。初めて足を踏み入れるスタジオに、反応は人それぞれでした。マイクに顔を近づけて発声練習を始める子、緊張のあまり硬直する子、緊張に耐え切れず泣き出してしまう子など…。一方、パパ・ママはスマホやカメラを構えて、ガラス越しのDJブースで奮闘する我が子の撮影をスタート。

img_02

 

プロ顔負けのDJっぷり

いよいよオンエアーです。サポートしてくださるプロのDJによる進行に合わせて、子どもたちは自己紹介とそれぞれ選んだ曲名をコール。ヘッドフォンから音楽が流れ出すとマイクに向かって全力で歌い始めたり、踊り出すなど、予測のつかない言動に大人たちはドキドキ・ハラハラ・大爆笑でした。ガラス越しのパパとママにピースを送ったり、間違えないように真剣な面持ちでシナリオをジッと見る姿など、子どもたちの表情は刻一刻と変化していました。

img_03

DJの大仕事を終えた後は、もう一つのDJブースで記念撮影。先ほどとは打って変わってみんなリラックスした笑顔でした。

img_04

 

「おもいでばこ」も、その場で体験

今回、「おもいでばこ」はこのDJ体験イベントを子どもたちが大きくなってからも記憶に残る大切なイベントと考え、記録を残す・見返すお手伝いとして支援しました。イベントにプロカメラマンをお呼びし、体験中の子どもたちの豊かな表情を撮影。その写真を「おもいでばこ」にとりこんでその場で見返せるブースをご用意しました。

img_05

プロカメラマンがデジタル一眼で撮影した写真は、1グループで500枚近くに及びましたが、「おもいでばこ」に撮影したSDカードをセットすればその場でとりこみが完了。すぐにテレビで写真が流れ出しました。

パパ・ママたちは、スマホに「おもいでばこ」のアプリをダウンロード。アプリを起動させて「おもいでばこ」にアクセスし、みなさんスマホで写真をチェック。「やっぱりプロに撮影してもらうと違うね」と表情をほころばせながら、我が子が写っている写真を軒並みダウンロードしていました。子どもたちも自分が一生懸命DJをやった姿をテレビの大画面やタブレットから見られて、ご満悦の様子でした。

img_06

参加したパパ・ママは、「おもいでばこ」の存在をこの場で初めて知った方がほとんど。イベントに訪れる前のみなさんの反応は「私に関係あるモノ?」「この小さな箱で何ができるの?」といった印象でした。

しかし、自分たちの写真が入った「おもいでばこ」を体験したり、子育て真っ盛りのママでもあるバッファローのスタッフがマイ「おもいでばこ」を使ってレクチャーを始めると、表情が一変。「子どもが生まれてから私の撮った写真がここにすべて入っています」「『おもいでばこ』の容量2TBは、スマホ160台分の容量に相当します」との説明には、驚きの声が上がっていました。

img_15

 

体験を終えて

美嬉ママこと、キラキラママ☆プロジェクト代表・宮本美嬉さん

Q.今回のイベントに参加してみて、いかがでしたか?

A.自宅から5分ほどの場所にラジオ局が誕生していたなんて、驚きでした。最新のスタジオで本格的なDJ体験ができて、子どもたちは心から楽しんでいたみたいです。踊ったり歌ったりする子もいて、可愛かったですね(笑)。一生懸命に取り組んでいる姿や、楽しんでいる表情が見られるって、本当にうれしいこと。私たち母親もしっかり楽しめました。

Q.「おもいでばこ」はご存知でしたか?

A.噂には聞いていました。実は私、子供が生まれてからの12年間、写真を整理したことがないんです。撮りっ放しで、たまりっ放し。どうしたらいいか、本当に悩んでいました。今回、詳しく説明を聞いてみて「私のためにできたようなもの!」と思いましたね。

あと、キラママのイベントの写真をもっとスピーディーにシェアできないかな?と考えていたところなんですが、これを使えばSNSやブログなどに即アップができそう。新鮮な情報をいち早く発信できる…私たちにとっては、とても魅力的なツールです。

img_08

 

鈴木翔太くんとママの祥子さん

美嬉ママから紹介してもらって参加しました。息子は初めてのDJ体験に照れながらも、自分なりに楽しんでいたみたいです。いつもとは違った一面を見ることができて、私自身も楽しめました。息子の表情を逃すまいと、ついついシャッターを押す回数が増えてしまいますが、パソコンに取り込んでそのままになっているのが現状です。「おもいでばこ」なら、日付やイベントを自動で判断して仕分けしてくれるからラクチンですね。今よりも写真を見る機会が増えそうです。

img_09

 

谷七海くんとママの真由美さん

先日キッザニアに行った時、DJ体験ブースがあったので子どもにやらせてあげたかったんですが、すごい行列で断念しました。今回、このイベントのことを聞いて、真っ先に参加表明しました。子どもたちが喜んでくれて何よりです。「おもいでばこ」のことは今まで知らなかったんですが、「お気に入り」機能は使えそうだな、と思いました。いつも「あの写真どこにあったっけ?」と探すのが大変で…。年賀状やアルバム作りにぴったりですね。

img_10

 

野尻快成くんとママの直子さん

このイベントはFacebookで知りました。なかなかできない体験なので、いい機会だなと。主人も賛成してくれたので子どもと一緒に参加させていただきました。今回もデジカメでたくさん写真を撮りましたけど、SDカードがいっぱいになったら次のカードへと移行し、いつも入れっ放し状態。私たちはガラケーなので、「おもいでばこ」は関係ないかな?と思っていましたけど、これを使えばSDカード1枚で済みますね。

img_11

 

上田侑吾くんとママの博美さん

前々からどういうラジオ局なんだろう?と気になっていました。子どもたちの職場体験イベントが開催されるとFacebookで知り、これは!と思って参加しました。少し大人びた表情を垣間見ることができて、嬉しかったです。こういうイベントで撮った写真は、ママ友間で転送することが多いですが、どんどんたまっていくばかり。「おもいでばこ」なら自動で仕分けしてくれるし、スライドショーで見ることができるので、プリントアウトしてアルバムにする手間が省けそうですね。

 

img_12

 

中澤優珠ちゃん、愛珠ちゃん、怜祐くんとママの知都さん

うちの子たちは3人3様の性格。いつもとは違った環境で、初めての体験をし、性格の違いがさらに浮き彫りになって、面白かったですね。3人とも見たこともない機械や、大画面に映る自分の写真に興味津々でした。子どもって、自分が写っている写真や動画を見たがるんですよね。家でもCDやDVDを自分で操作するのはいいんですけど、傷つけないかとヒヤヒヤしています。「おもいでばこ」は子どもでも簡単に見ることができるし、傷や容量の心配もなさそうです。

img_13

皆さまからいただいた体験レポート

参加されたママの皆さまの中にはブロガーさんも多数いらっしゃいました。当日の興奮や緊張の空気が実際に伝わってきます。

▼宮本美嬉さんブログ「キラキラママプロジェクト」
http://ameblo.jp/pekopeko-miki/entry-12136755750.html
“最新のスタジオで、本格的なDJ体験に、子ども達も緊張したり、楽しんだり、それぞれに楽しみました!曲紹介をした後に、全力で歌う子ども達もいて、胸きゅん💕可愛い~💕(*^o^*)”

▼HIROさんブログ「HAPPY☆SMILE」
http://ameblo.jp/happysmile-baby/entry-12137602673.html
“小学生~5歳位の子供達が、可愛いお姉さんとラジオ体験です。1回目の体験グループ、しかもトップバッターだった息子。~DJとして「DJ○○が選んだ○○をお聞きください」と言わなきゃいけないのに、
「○○を歌います!」と言ってしまった息子、、、もちろん、大熱唱。大人は、大爆笑(笑)”

▼アヤさんブログ「花彩(はないろどり)」
http://ameblo.jp/hana-iro-dori/entry-12136020707.html
“貴重な経験に母と娘はドキドキキラキラ(母は並んでいるミキサーにワクワクww)スタッフの皆様が気さくに声をかけてくださりとても温かいスタジオでした。”

▼yuko*chuさんブログ「album cafe * chu」
http://ameblo.jp/albumcafechu/entry-12136057192.html
“娘は、ほぼ本番話せなかったけど…リハーサルで、ちょっぴり話すことできたから…頑張ったよっ”

関連リンク

▼「おもいでばこ」製品情報
omoidebako.jp

▼「Radio NEO」公式サイト
radio-neo.com/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加