シンプルな「我が家のルール」で写真整理が上手な家族に。 ──「おもいでばこブログ」先輩インタビュー  キタニさま インタビュー記事

こんにちは。おもいでばこアンバサダープログラム(仮)事務局です。

多くの方が新生活をスタートされた春。
「おもいでばこ」ユーザーも新入生の方々をお迎えするにあたり、「これから『おもいでばこ』を使ってみたい」、『おもいでばこ』を持っているけれど、使いこなせていない・・」そんな方に向けて、「おもいでばこ」ユーザーの先輩の皆さまからのエピソードをシェアしていくべく、「先輩アンバサダーインタビュー」を今回よりスタートします!

第1回目テーマは『「おもいでばこ」で家族のコミュニケーションの課題をどう解決?ーパパ篇』です。
ここ最近、「おもいでばこ」ではママさんにスポットライトを当てることが多くありましたが、お子さんとの時間が日ごろなかなかとれないとお悩みの方も多いパパさんたちに今回はスポットライトをあてて、先輩たちはどのような工夫をされているのか、お話をお聞きしました。

第一回の「先輩」はこちら。昨年、お子さんが生まれパパとなり、ご夫婦共にスキューバダイビングが趣味の「キタニ」先輩です。海に潜ったときの写真を夫婦でシェアするために、「おもいでばこ」をご購入いただきました。現在は、「おもいでばこ PD-1000(1TB)モデル」をご使用いただいています。

まずは、パパだからこそのお悩みや写真整理についてお聞きしたいとおもいます。

――家族とのコミュニケーションをとっていくうえで、パパだからこその課題や悩みのようなものはありましたでしょうか。
『夫婦共働きなので、平日は忙しく、「何時に帰る」「帰りに◯◯買ってきて」といった業務連絡だけになりがちです。』

キタニ先輩のように、パパたちからは「夫婦ともに忙しくコミュニケーションが希薄になってしまう」や、「お子さんの様子をなかなか知れない」などの悩みがよく聞かれます。
そんなキタニ先輩の「おもいでばこ」を実際に使ってのエピソードをお聞きしました。

 

「おもいでばこ」で思い出を振り返るのが簡単に

――「おもいでばこ」がある暮らしのなかで、「変わったな」と思うことや気づいたことや、「おもいでばこ」がこんなことに役立ったなどのエピソードがあればご教示ください。
『買う前は「『おもいでばこ』は写真を残すための道具」と思っていましたが、今は「思い出を振り返るのが簡単になる道具」だと思っています。子どもが生まれた時に、姪家族が赤ちゃんに会いに来てくれました。姪たちがこの写真は姪たちが「赤ちゃんって、小さいね。」というので、「二人も赤ちゃんのときは同じくらい小さかったんだよ。」と、おもいでばこから姪が赤ちゃんのときの写真を見つけてきて見せているときのものです。以前のように写真の管理をパソコンでしていたら、すぐに見つけられなかったと思います。』

その時の雰囲気が伝わってきそうな写真ですね。こんな風に「今見せたい写真」をすぐに取り出せるのも醍醐味のひとつかもしれません。そんなキタニ先輩がおすすめしたい使用方法についてお聞きしました。

 

「子どもの写真は全部ここにある。」といえる状況を作る。

――パパさんたちにおすすめしたい「おもいでばこ」写真シェアやご家庭でのルールなどがありましたら教えてください。
『我が家のルールはシンプルに「スマホで撮った子どもの写真は、選別しないで全部『おもいでばこ』に保存する」ことです。ベストショット1枚だけなどと制限せず、とにかく全部としています。日曜日の夜は子どもを寝かしつけた後、スマートフォンの中の写真を『おもいでばこ』に送るようにしています。転送が終わったら新しく追加された写真を見て、気になる写真について聞いています。』

――「おもいでばこ」をどんな状況でどんな悩みを抱える人におすすめしたいですか?
写真をパソコンで保存しておくのは簡単ですが、家族と思い出を共有することができていなかったと、「おもいでばこ」を買ってから気がつきました。
「写真は撮るばかりで、家族と一緒に見返していないな。」と思われる方におすすめしたいです。

――パパユーザーの先輩として「こんな写真をとっておくとよい」という写真がありましたら教えてください。
『日常の何気ない写真をできるだけたくさん撮るようにしています。子どもだけしか写っていない写真ばかりになりがちなので、家族3人でいるときは子どもと妻を一緒に撮るようにしています。 』

お子さんがいたずらしてペットボトルの水を箱から全部出してしまったシーンですが、「重たいペットボトルも動かせる力がついたんだ」と、子どもの成長を感じて撮った一枚だそうです。

 

「私がヤギを見ていたとき、ママは魚の群れに会ったんだね。」

沖縄旅行にて、キタニさんはお子さんとお散歩へ、奥さまは海へと別行動していた際に撮った写真を「おもいでばこ」に入れ、テレビ画面に交互に出てくる写真を見ながら、「私とパパがヤギを見ていたとき、ママは大きい魚の群れに会ったんだね。」と、お子さんと一緒に旅行の思い出を振り返ったそう。
別々に行動していても、「おもいでばこ」で時系列順に表示されることで、お互いがどんなことをしていたかがわかる、「おもいでばこ」ならではのできごとと語ってくださいました。

===============================

「スマートフォンで撮った子どもの写真は選別しないで全部『おもいでばこ』に保存する」と言うシンプルなルールを設けることで、「子どもの写真は全部ここにある。」といえる状況を作るのはお子さんをもつパパやママにとってとても参考になる活用法ですね。「キタニ先輩」本当にありがとうございました。次回の「先輩アンバサダーインタビュー」もぜひお楽しみに。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

月間人気記事ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加