パソコンレス

【脱パソコン・USB】iPhoneの容量不足対策に!写真データ保存方法

「iPhoneのストレージがいっぱいです」というiPhoneのメッセージに悩まされたことはありませんか?

おもいでばこ開発担当の稲本です。容量の大きいアプリをAppStoreからダウンロードしたり、写真や動画を撮影しようとしたときにこんなメッセージが出てしまうと困ってしまいますよね。容量不足だとiPhoneに怒られるたびに写真を選んで削除したり、アプリの使用容量を調べて使わないものを消したりして、その場しのぎを繰り返しているという声をよく聞きます。

しかしながら、iPhoneの容量が有限である以上、どこかで限界がきてしまいます。わかっているけどできない、データ整理を難しくしている原因について社内のiPhoneユーザーたちに聞き取りしたところ、以下のようなことを話されていました。

iPhoneのデータ整理を難しくしている3つの原因

1. データを移すためにパソコンを立ち上げるのが面倒に感じる

家にパソコンはあっても、使う頻度が少ないご家庭は意外と多いのではないでしょうか。パソコンの電源を入れてから起動が完了するまでに時間がかかったり、自動的に走るWindowsアップデートでパソコンの動作が重くなったりして、データ整理をしようとする熱が冷めてしまうことが多々あるようです。

2. iCloudなど有料のクラウドサービスに課金をしたくない

iCloudというサービスをご存知でしょうか。iCloudとは、iPhoneの写真をクラウドにアップロードできるサービスで、iPhoneユーザーは無料で始めることができます。保存できる容量には限りがあり、無料の制限に到達すると「iCloudストレージが残りわずか」といったメッセージが表示されるようになります。

この制限を解除するために定期的な課金が必要になります。

クラウドには写真の持ち出しや共有に便利といった良い面もありますが、一度課金してしまうとそれ以降も課金を続けなければならなくなってしまうことから、導入の難しさがあります。

3. USBメモリやUSBハードディスクにコピーする方法がわからない

USBメモリやUSBハードディスクは持っているが、iPhoneの中にある写真をWindowsパソコンでコピーする方法がわからないという声がありました。iPhoneはApple製品であることから、Windowsパソコン上でどう操作すれはよいのかイメージがつきにくいのかなと思いました。

実際はWindowsパソコンにUSBケーブルでつないで写真を選択しコピーするだけのシンプルな操作で済みますが、やったことがない方だと心理的なハードルが高いのかもしれません。

写真データ保存の悩みを解決できるアイテム

写真や動画を大容量で保存でき、iCloudに頼らずデータの持ち出しや共有ができ、起動もスムーズ。そんなiPhoneの悩みを解決できるものとして開発している製品が「おもいでばこ」です。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

「おもいでばこ」は保存した写真や動画をテレビに映しだすことができます。リビングのテレビのそばに「おもいでばこ」を設置するので、物置の中にしまってしまいあとから探せなくなった、ということはなくなります。

保存容量については1TBと2TBのモデルがあります。

写真を「おもいでばこ」にとりこむと、撮影日にあわせて自動で振り分けされます。以下は、写真をカレンダーで表示させた画面です。

このように自動で整理されるので、管理の手間が軽減されますね。

写真のデータ移行がよりお手軽に

iPhoneのデータ移行をやろうとすると、以下の7ステップが必要になると思います。

  1. USBメモリやUSB外付けハードディスクを探す
  2. パソコンを起動する
  3. パソコンにUSB機器を接続する
  4. iPhoneをパソコンに接続する
  5. 写真を選んでコピーする
  6. USBメモリやUSBハードディスクの中にペーストする
  7. コピー済みの写真を選び、iPhoneから削除する

代わりに「おもいでばこ」を使うと、以下の4ステップで済むようになります。(※初期設定済みとした場合)

  1. iPhone向け「おもいでばこ」アプリを起動する
  2. 写真を選ぶ
  3. 写真を送信する
  4. 写真を削除する(写真はアプリが選んでくれます)

「おもいでばこ」とiPhoneはWi-Fi(無線LAN)でつなぐことができるため、パソコンを介さずアプリの操作だけで完結させることができます。これだけで面倒くささが大幅に解消されますね。ちなみに無線ルータをお持ちでないご家庭でも「おもいでばこスポット」という機能を活用すると、iPhoneと「おもいでばこ」を直接無線で接続することができます。

iCloudにアップロード済みデータをとりこむ

もしiCloudをご利用中の方で、使用容量を抑えたい場合は「おもいでばこ」に移すことができます。

「おもいでばこ」のiOS向けアプリではiCloud連携の機能が提供されていますので、写真がiCloudにあるのかiPhoneの中にあるのか意識することなくえらんだ写真を「おもいでばこ」にとりこむことができます。

写真の持ち出しができる

外出時に写真へアクセスする用途においてiCloudは便利ですよね。同様のことを家の環境でやろうとするのに家のリビングに設置している「おもいでばこ」を取り外し運ぶのは大変です。そんなときは、アプリの「クリップ」機能を活用して、選んだ写真を持ち運ぶことができます。

ちなみにクリップ機能で選んだ写真のサイズは縮小されます。iPhoneの画面に適したサイズに調整されますので画質が気になることはないと思います。

iPhoneの容量が足りないときは、「おもいでばこ」におまかせ

パソコンもUSBも使わずiPhoneの写真を保存することができる「おもいでばこ」。ほかにも便利な機能がたくさん用意されています。詳しくは下記のバナーから参照することができますのでご覧ください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

iPhoneの容量が足りない!たまった写真をパソコンなしでなんとかする方法

iPhone内のデータが散らかっているライターの鈴木です。iPhoneで写真を撮ろう!アプリをダウンロード!というとき、「ストレージの空き領域がありません」と言われたことはありますか?
写真と動画で容量が圧迫されていた私のiPhone。容量不足のたびに不要な写真やアプリをポチポチ消していました。今思えば、

  1. データを移すためにパソコンを立ち上げるのが面倒でやっていなかった。
  2. iCloudなどのクラウドサービスの有料プランは入りたくなかった。
  3. そうやってデータの移行を後回しにしてい結果、iPhoneの容量がいっぱいに・・

この辺が原因だったと思います。今回は、そんなiPhoneの写真の悩みをパソコン・クラウドなしで解決できそうな2つのアイテムを使える機会を得たので、サクッとできるか試してみました。

今回使用したアイテム

※Andoroidスマホの場合はmicroUSB搭載のUSBメモリーが同じ用途で使えますよ。


iPhoneに直接つなげるUSBメモリーでどこでも容量不足を解決

image3

1つめが、容量はiPhone 1台分ほどですが外で容量がなくなった!という場合にサッとデータを移すのに便利な「Lightningコネクター対応 USBメモリー」。通信制限の心配もなく、その場で写真をiPhoneから移せます。
↓たくさんの容量が必要な方は「おもいでばこ」へジャンプ

※iPhoneの「写真とカメラ」設定で「iCloudフォトライブラリ」オン&「iPhoneのストレージを最適化」設定の方は、USBメモリーを利用できません。

image5image4

名前のとおり片側がLightning端子、もう片方がUSB端子になっています。これならパソコンからUSBメモリーにデータを移すのと同じ手軽さで、データが保存できます。

他メーカーでもこのようなUSBメモリーはありますが、まず失くしやすいキャップが本体一体型のラバーというところがすぐれもの。使うときはラバーを倒せばOKで、キャップをなくす心配もありません。Lightning端子の根本に余裕もあるので、iPhoneカバーを付けたままでも挿せました。安心のApple認証製品なので、接続して読み込まれないということもなし。

iPhoneに装着し、アプリの画面に沿って操作するだけ

初めてiPhoneに接続すると、自動で無料アプリのダウンロード画面が起動します。そのままインストールしましょう。

image6image8

アプリを起動したら、iPhone内の全写真データのバックアップをしてみます。画面のバックアップ「写真」を選択して数タップでデータがすべてUSBメモリーに保存されました。約2,500枚の写真を移すのに5分もかからずなかなか高速。iPhoneのバックライトがオフになっても裏でアプリは動いているので“ながら”使いができます。もちろん、全部の写真を移さなくても必要な写真だけ選んで移すこともできますよ。

ちなみに小ワザですが、取り込んだ写真の中で見せたくないものはファイル一覧で横にスワイプするとロックがかけられます。iPhoneの指紋センサー「Touch ID」で解除しないと見えません。


写真がすぐたまる人は「おもいでばこ」一台で解決

image13

2つめのアイテムが「おもいでばこ」。ひと言でいうと、パソコンなしで使える、写真・動画専用のデジタルフォト・アルバムというジャンルの製品。家のテレビの横に置いて使います。中にハードディスクが入っていて、1TBと2TBのモデルがあります。16GBのスマホでいったら2TBで100台分以上の容量があるので、USBメモリーほどの容量ではすぐいっぱいになってしまいそうな人に便利です。
保存した写真・動画は自動で整理されるほか、家族や仲間とテレビで楽しんだり、ひとりでスマホやタブレットから開けます。

「おもいでばこ」って何?ブログ記事はこちら

「おもいでばこ」アプリで取り込みたい写真だけを取り込める。iCloudの写真も。

iPhoneに入っている写真を移したい場合は、「おもいでばこ」とiPhoneをWi-Fi(無線LAN)でつないで無料の「おもいでばこ」アプリでデータを移せます。

image21

この場合は「おもいでばこ」のアプリをダウンロードして、iPhoneと「おもいでばこ」をWi-Fiでつなぎます。写真の転送はインターネットを経由しないので通信制限の心配はありません。おうちにWi-Fiルーターがなくても、「おもいでばこ」がWi-Fiスポットのようになる「おもいでばこスポット」という機能があるのでそちらで設定すれば大丈夫です。

IMG_1626

あとは、アプリを開いて左上のメニュー「写真を送る」から取り込みたい写真を選択して送るだけです。写真選択画面の左下のボタンで全部まとめて選択することも可能です。わからない方はスルーで良いのですが、「おもいでばこ」はiCloudに上がっている写真も先ほどのUSBメモリーとちがって保存できます(選択できない場合は、画面下の雲マークで設定を切り替えてください)。
※取り込んだ写真はテレビやiPhoneで見られます。iPhoneで見たいときは、テレビ画面上でiPhoneの登録が必要です(詳しくはマニュアルをご確認ください)。
※iCloudの写真ダウンロードはモバイル接続時の場合データ通信量を使用します。

image17

取り込んだ写真は、撮影日にあわせて自動で振り分けしてくれます。管理の手間もなくなってラクチン。

image19

ユーザーにやさしいなと思ったのが、写真の重複を防げること。写真を取り込むとき、すでに取り込んでいる写真以外を保存してくれます。

image14

iPhone用USBメモリーに移していっぱいになった写真の移動も簡単でした。USB端子とSDカードの端子が付いているので、USB端子にUSBメモリーをつなぎ、「おもいでばこ」の電源を入れて真ん中の「とりこみボタン」を押すだけで写真と動画をコピーしてくれました。

 

あなたに合ったアイテム選びで、シャッターチャンスも逃さずに

いかがでしたか? この2つのアイテムに出会ってから、私は外出先ではこのUSBメモリーに写真や動画を保存、家に帰ったら「おもいでばこ」に移すという使い方で活用しています。
iPhoneの保存容量のギガ不足に悩まずに、「シャッターチャンスを逃さない」「みんなで思い出を楽しめる」2つがいっぺんにかなってしまいました。

関連リンク

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

▼Lightning×USB3.0対応USBメモリー RUF3-ALシリーズ

Amazon:amazon.co.jp/dp/B01A836S54
製品情報: buffalo.jp/products/catalog/flash/ruf3-al/lp/

関連記事