フォトブック

【告知あり】大切な写真を「家族史」にする-写真整理アドバイザーの仕事-

こんにちは。おもいでばこ認定アンバサダーであり、写真整理アドバイザーゼネラルマネージャーの浅川です。

「写真整理アドバイザーが誕生したワケ」

私は、いつか見ようと思って撮った大切な写真たちが、紙焼き写真にしてもデジタル写真にしても、どちらもほとんど見返されていないという大問題に、5年前に気が付きました。いえ、正確には、新宿のクラブツーリズムで写真整理講座を終えた帰り道、「おもいでばこ」企画担当の根本さんとお茶をしながら写真談義をしていたとき、根本さんがため息交じりに「写真は本当は見るために撮ってるんですよね。なのに、ちっとも見られてないんですよね。」…そうつぶやいた瞬間に、私の中に一本の進むべき道が見えたのです。以来、「おもいでばこ」と共に(笑)、もっと生活の中に写真を見る習慣を取り戻すための活動をしています。写真整理アドバイザーという資格制度を作り、大切な個人の、そして家族の思い出である写真を、相手に寄り添って整理し、しっかりと保存し、もっとも大事な見返すところまでサポートする人材を、育て広めています。

 

「思いでが甦る家族の写真整理」~わたしのファミリーヒストリー~

IMG_002

実は今日から1週間、日本初の百貨店である日本橋三越本店にて、「思いでが甦る家族の写真整理」~わたしのファミリーヒストリー~と題するイベントを開催しています。写真整理のゴールである「見返し」の形を、テレビで見られるデジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」と、アドバイザーが作るフォトブックやフォトアルバム、スクラップブッキングなどの作品として、展示しています。

「思いでが甦る家族の写真整理」~わたしのファミリーヒストリー~
場所:日本橋三越本店7FはじまりのカフェGate-B
期間:12月6日(水)~12日(火)10:30~19:30

12/6~12、日本橋三越7階 はじまりのカフェで「思い出が甦る家族の写真整理」イベント開催します!ページです。パソコープは全国のシニア向け教室のオーナーを支援する団体です。…

 

お客様とアドバイザーで作る「家族史パック」

IMG_004

今回の機会を前に、私たちの写真整理という一見わかりにくい仕事をわかりやすいパッケージ商品にした「家族史パック」というものを用意しました。写真は誰もがいつか整理したいと思っているのですが、どこからはじめて何をすればよいかわかりにくく、手が付けられない方がとても多いのです。その写真の整理を、一連の流れの中で必要なものを選び取って、組み立てた商品が「家族史パック」です。

その中身はこうです。

①アドバイザーがしっかりヒアリングをおこない、
②紙焼き写真を仕分けして(三越イベントでは紙焼き写真がメイン)、
③デジタルデータ化して、
④テレビで見返せる「おもいでばこ」でデジタルのまましっかり保存しつつ、
⑤大事な写真をピックアップしてフォトブックに仕立てる

これは、写真の整理を突き詰めた結果、とても理にかなった満足度の高い整理法になっています。

イベントに先立ち、アドバイザーが、あるお客様のご自宅に実際にうかがって、この流れにそって家中の写真の整理を請け負いました。

 

「家族史パック」ってこういうものです

IMG_005

港区にお住まいの田中あや子さん(仮名、90歳)は、親の代からたまったアルバムや写真を整理し、できれば一冊のアルバムにまとめたいと思っていました。そこで

①まず、アドバイザーがお客様の自宅にうかがって、しっかりとヒアリングを行います。棚に並んでいたアルバムの中から、残したいものを選んでいきます。

②デジタル化はするのか、どういう形で保存や見返しをしたいかなど、一つひとつ順を追って、お話をお聞きし手順を説明します。

③写真の仕分けをします。

④写真をデータ化します。

⑤データ化された写真を、テレビで見られ、シッカリ残せる「おもいでばこ」に取り込みます。

⑥さらに、「おもいでばこ」からフォトブックにする大切な写真を選別します。

⑦そして、アドバイザーがフォトブック作りを請け負います。

⑧「おもいでばこ」と、フォトブックを納品します。

IMG_6243

納品後、あや子さんのお隣さんが偶然訪れてこられ、一緒に鑑賞会がはじまりました。そして、お隣さんも、近々家族史パックを頼むことが決まりました。

写真整理の中の「おもいでばこ」の役割って?

IMG_6163

「おもいでばこ」という製品は、知れば知るほど役立つ存在だと感じています。「おもいでばこ」が一台あれば、「写真を整理すること」、「写真を保存すること」、「写真を見返すこと」という写真整理の作業の必要な工程を、すべて担当してくれるのです。そしてさらに、今回の家族史パックに登場した「フォトブック」を作ることへの誘導の役割まで果たしてしまうのですからね。

多くのアドバイザーが得意とし、大切に考えているアルバムづくりやフォトブックづくりは、写真が整理されていることが大前提です。いつの間にか、アドバイザー自身が「おもいでばこ」を持っていたり、人に勧めたりしているのには、そういう理由があるのだと感じます。

写真の整理は、まだ困りごととして意識もされていない方が多いこれからの分野です。そして、ある日写真データを間違って消してしまったり、端末が壊れてしまったりして整理の必要性を実感する方が、今後ますます増えていくと思います。

親身に相談できる写真整理アドバイザーを、これからもっと地域に増やしていきたいです。そして日本中の家族の写真の救出と、思い出の写真を見返すことによって家族の絆を深めていけたら…、そんな仕事は最高だなぁと心から思っています。

 

関連リンク

 

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

【 告知あり】写真整理、フォトブック、「おもいでばこ」。 3点セットで写真の未来を変えていきたい。

「おもいでばこシェア会」のイベント告知を本記事末尾に掲載しています。
詳しくはこちら

都内でフォトブック教室【メモアル】を主宰している徳本雅美です。上級写真整理アドバイザーという肩書きと、光栄にも「おもいでばこ認定アンバサダー」として活動させていただいております。
各地で「写真整理とフォトブック」をテーマにしたレッスンやセミナーを開催しながら、写真をカタチにする大切さと、フォトブックの普及活動を行っています。

pic02

●フォトブック教室が「おもいでばこ」に出会う

当初「メモアルフォトブック教室」はさまざまな種類、メーカーのフォトブックを特長別に紹介したり、作り方をレクチャーするものでした。
ところが、回を重ねるごとに生徒さんからは「フォトブックを作る前に写真の整理ができていないんです」と言われるようになりました。しかも「パソコンはほとんど使っていないです。」と。
今でこそスマートフォンでフォトブックが作れる時代になりましたが、当時はパソコンでフォトブックを作るのが主流。
そのパソコンを持っていない、使っていない、写真はパソコンに保存していない…
そんな事例が1件ではなく、どんどんと増えていきました。
このままではフォトブック作りどころか、写真そのものの価値がなくなる。そう思って、何か手だてはないかと調べているところに「おもいでばこ」がヒットしたのです。

pic03

●あまりの便利さにフォトブックを作らなくなる!?

「おもいでばこ」を迎え入れた我が家。最初はその手軽さ、便利さに「これはフォトブックを作らなくなってしまうかも!」と思いました。
ところが、フォトブックを作る意欲は全く変わりませんでした。
むしろパソコンのみで写真を管理していた時に比べて、デジカメとスマートフォンの写真を一元管理できる手軽さが格段に上がったため、フォトブックのネタが整理され、とても作りやすくなりました。
気がつけば、ちょっとしたイベントもフォトブックにして残したいと思うように。
フォトブック教室の生徒さんのほとんどの方が「おもいでばこ」を購入していますが、私と同じくフォトブック作りを今も楽しく続けています。

pic04

フォトブックファンの集い「フォトブックcafe」に集まるメンバーのほとんどが「おもいでばこ」ユーザー

●「撮らない写真整理」が「おもいでばこスライドショー」をより色濃く

メモアルの活動が少しずつ広がりはじめると、さまざまな場所でセミナーのご依頼をいただけるようになりました。
テーマは「こどもの写真整理とフォトブック」。

pic05
その中でいつもお伝えしているメモアル的写真整理術のひとつに「撮らない写真整理」というものがあります。
“連写しない” “「とりあえず」の写真は撮らない” “未来に残す必要のない写真は削除する”といった、まさにデジタル写真時代に逆行するような内容。
また「似たような写真は3枚まで」「思い出は子どもそのものではなく、その周りにある“人”や“モノ”にある」
そのおかげで我が家の「おもいでばこスライドショー」は同じような子どもの写真が何枚も続くようなことがありません。成長を記録する “モノ”や“人”が次々に現れるのです。
pic06
写真整理のゴールとして紹介しているインデックスアルバム「オートアルバム」

●我が家のちょっと変わった「おもいでばこ」の使い方

我が家の「おもいでばこ」は8歳の娘と5歳の息子が自由に操作できるくらい簡単。だから一度使い方を教えれば自分たちでどんどん機能や使い方を見つけていきます。さすがデジタルネイティブ!

1. 動画絞り込みモード
我が家にはデジタルビデオがありません。なので動画はデジカメの動画機能かスマホの動画機能で撮った1分未満の短いものだけ。その動画だけを「絞り込み」機能を使っていつもキャーキャー言いながら見ています。
写真10枚より、1個の動画。「おもいでばこ」が来てからその意味がよくわかるようになりました。
image7

 

2. 再現フォト
○年前の写真と同じ場所で同じ写真を撮る、というような再現フォトをやってみよう!と思えるのは、「おもいでばこ」で昔の写真を日頃から見返しているからこそ。再現フォトならぬ、再現ムービーも。
image8

 

3. 見ながら「削除」
2TBモデルなら約40万枚の写真が入る「おもいでばこ」。不要な写真だって削除する必要がないくらいですが、私が無駄な写真をちょこちょこ削除しているのを傍らで見ていたのでしょう。娘が自発的にブレている写真や失敗ショットをゴミ箱に移動していたのです。

image9

 

●2017/11/21「おもいでばこシェア会」

「おもいでばこ」をお持ちのみなさんは、日頃どんな使い方をしているのかな?
みなさんの「おもいでばこ」エピソードなどを聞いてみたい!ということで、「おもいでばこシェア会」を開催します!

【日 時】2017/11/21(火)13:00〜14:30(途中入退室可)
【料 金】¥500
【持ち物】筆記用具/スマートフォン
【場 所】イニシア西新井マンションギャラリー
(西新井駅東口徒歩1分)
東京都足立区梅島3丁目28−3

普段「おもいでばこ」をよく使っている方でも、他の方のお話を聞くことで新しい発見があるかもしれません。皆さまのご参加をお待ちしています!

お申し込み・詳細はこちら

東京・こどもの写真整理アドバイザー・フォトブック教室【メモアル】のぺち子ママこと徳本雅美です。私の周りにだいぶ浸透してきた「おもいでばこ」 http://om…

 

徳本雅美

フォトブック教室メモアルを運営、こどもの写真整理とフォトブックをテーマに自宅教室をはじめ、各地でセミナーやワークショプを開催。
上級写真整理アドバイザー/認定おもいでばこアンバサダー

ホームページ

メモアルのフォトブック制作はフォトブックデザイナーが一ページ一ページ想いを込めて制作します。フォトブック教室では写真整理の方法やレイアウトのコツなど、フォトブック制作の基本をやさしくレッスンします。…

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

「Omoidori」(おもいどり)で眠っていた紙の写真をデジタル化、「おもいでばこ」で懐かしむ。

こんにちは、カメラマンの早川です。最近の写真は、デジカメやスマホなどで撮ったデジタル写真なので、様々な機器で簡単に楽しめますが、私が子供の頃、かれこれ40年近く前は紙の写真しかなく、現像写真をアルバムに綴じ込んで、押し入れの奥深くで長い眠りにつき誰の目にも触れなくなるのがよくある話でした。 今回は、株式会社PFUから本日発表発表されたiPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」(おもいどり)という、紙の写真をアルバムに綴じたままデジタル化できる製品を使ってみました。 40年ほど前の写真をカンタンに、そしてキレイにデジタル化できました。 「Omoidori」(おもいどり)はiPhone 6s/6/5sで使える、iPhoneアルバムスキャナです。 img01

アルバムに綴じた写真の上に乗せて、専用アプリのシャッターを押すだけ

使い方はとてもカンタン。まずは、本体をパカッと開きます。オペラグラスのような感じで、本体の下側を開けるだけです。開くと自動で電源が入ります。一定時間が経つと自動で電源が切れるので、その場合は本体上部にある電源ボタンを押せば再度電源が入ります。 img02 写真のとりこみに、iPhone 6s/6を使う場合はこのアダプターを外します。 img03 iPhoneを下側から「Omoidori」(おもいどり)にはめて、上部がカチッというまで押し込みます。 img04 これで「Omoidori」(おもいどり)のセットは完了。次に専用のアプリを起動します。専用のアプリはApp Storeからダウンロードできます。 img05 あとは、写真を綴じたアルバムを開き、とりこみたい写真の上に置くだけ。アプリの画面にとりこむ写真が表示されます。 img06 鳥のマークのシャッターボタンを押すと、シャッターが二回切られてiPhoneにとりこまれます。 img07 img08 とりこんだ写真は、アプリの編集機能で日付を変更できます。当時の日付に変更しておけば、「おもいでばこ」にとりこんだ時にカレンダー表示やタイムライン表示ができます。日付の変更は「おもいでばこ」でもできます。 img15 ちなみに、「Omoidori」(おもいどり)の中はこんな感じ。2つのライトが、両側についていて、片側ずつ点灯して2枚の写真を撮影し、それぞれの写真の反射していない側をアプリで合成しているんだそうです。 img09 とりこんだ写真は、自動でiPhoneの写真アプリに登録されるので、写真を移動する手間がなくて便利ですね。 img10

「おもいでばこ」にとりこんで、大画面テレビで楽しむ

iPhoneにとりこんだ写真は、おもいでばこアプリを使って「おもいでばこ」にとりこめます。 img11 img12

家族でテレビを囲んで、パパの幼少期を鑑賞

今回とりこんだのはざっと20枚の写真。40年の時を経て、まさかテレビに映し出される日が来るとは想像してませんでした(笑) img13 さっそく、ちょっと照れくさいながらも家族でテレビを囲んで懐かしいおもいでを鑑賞しました。6歳の娘は、自分と同じ年齢のパパが、よほど不思議だったのか、無言で見続けていました(笑) img14 やはり、紙の写真は、時間の経過が感じられていいですね。私見ですが、「おもいでばこ」と「Omoidori」(おもいどり)を合わせて使ってみて一番よかったのは、テレビの大画面いっぱいに40年前のおもいでを懐かしむことができたこと。そして、デジタル写真では感じられない、紙の写真が持つ独特の懐かしさも一緒にデジタル化できたので、大画面で見ても時間の経過を感じられました。ほぼ半世紀前のおもいでを大画面でみんなで楽しむことを実現してくれた「おもいでばこ」と「Omoidori」(おもいどり)に感謝です。 ちなみに、L版と2L版の写真がとりこめるので、学校の集合写真以外はほとんどの写真がとりこめそうです。 また、おもいでばこアプリのアップデートで、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン・タブレットでもフルサイズスライドショーが楽しめるようになりました。 ※写真をフチなしでスライドショーする「フルサイズ」エフェクトは、「おもいでばこ」PD-1000ソフトウェアVer.1.30より対応。(iPhone/iPad・Andoroidは「おもいでばこ」アプリVer. 4.2以降が必要です)

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

関連リンク

▼iPhoneアルバムスキャナ「Omoidori」(おもいどり)
Amazon:amazon.co.jp/dp/B01G144K4K
製品情報: omoidori.jp