iPhone

【脱パソコン・USB】iPhoneの容量不足対策に!写真データ保存方法

「iPhoneのストレージがいっぱいです」というiPhoneのメッセージに悩まされたことはありませんか?

おもいでばこ開発担当の稲本です。容量の大きいアプリをAppStoreからダウンロードしたり、写真や動画を撮影しようとしたときにこんなメッセージが出てしまうと困ってしまいますよね。容量不足だとiPhoneに怒られるたびに写真を選んで削除したり、アプリの使用容量を調べて使わないものを消したりして、その場しのぎを繰り返しているという声をよく聞きます。

しかしながら、iPhoneの容量が有限である以上、どこかで限界がきてしまいます。わかっているけどできない、データ整理を難しくしている原因について社内のiPhoneユーザーたちに聞き取りしたところ、以下のようなことを話されていました。

iPhoneのデータ整理を難しくしている3つの原因

1. データを移すためにパソコンを立ち上げるのが面倒に感じる

家にパソコンはあっても、使う頻度が少ないご家庭は意外と多いのではないでしょうか。パソコンの電源を入れてから起動が完了するまでに時間がかかったり、自動的に走るWindowsアップデートでパソコンの動作が重くなったりして、データ整理をしようとする熱が冷めてしまうことが多々あるようです。

2. iCloudなど有料のクラウドサービスに課金をしたくない

iCloudというサービスをご存知でしょうか。iCloudとは、iPhoneの写真をクラウドにアップロードできるサービスで、iPhoneユーザーは無料で始めることができます。保存できる容量には限りがあり、無料の制限に到達すると「iCloudストレージが残りわずか」といったメッセージが表示されるようになります。

この制限を解除するために定期的な課金が必要になります。

クラウドには写真の持ち出しや共有に便利といった良い面もありますが、一度課金してしまうとそれ以降も課金を続けなければならなくなってしまうことから、導入の難しさがあります。

3. USBメモリやUSBハードディスクにコピーする方法がわからない

USBメモリやUSBハードディスクは持っているが、iPhoneの中にある写真をWindowsパソコンでコピーする方法がわからないという声がありました。iPhoneはApple製品であることから、Windowsパソコン上でどう操作すれはよいのかイメージがつきにくいのかなと思いました。

実際はWindowsパソコンにUSBケーブルでつないで写真を選択しコピーするだけのシンプルな操作で済みますが、やったことがない方だと心理的なハードルが高いのかもしれません。

写真データ保存の悩みを解決できるアイテム

写真や動画を大容量で保存でき、iCloudに頼らずデータの持ち出しや共有ができ、起動もスムーズ。そんなiPhoneの悩みを解決できるものとして開発している製品が「おもいでばこ」です。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

「おもいでばこ」は保存した写真や動画をテレビに映しだすことができます。リビングのテレビのそばに「おもいでばこ」を設置するので、物置の中にしまってしまいあとから探せなくなった、ということはなくなります。

保存容量については1TBと2TBのモデルがあります。

写真を「おもいでばこ」にとりこむと、撮影日にあわせて自動で振り分けされます。以下は、写真をカレンダーで表示させた画面です。

このように自動で整理されるので、管理の手間が軽減されますね。

写真のデータ移行がよりお手軽に

iPhoneのデータ移行をやろうとすると、以下の7ステップが必要になると思います。

  1. USBメモリやUSB外付けハードディスクを探す
  2. パソコンを起動する
  3. パソコンにUSB機器を接続する
  4. iPhoneをパソコンに接続する
  5. 写真を選んでコピーする
  6. USBメモリやUSBハードディスクの中にペーストする
  7. コピー済みの写真を選び、iPhoneから削除する

代わりに「おもいでばこ」を使うと、以下の4ステップで済むようになります。(※初期設定済みとした場合)

  1. iPhone向け「おもいでばこ」アプリを起動する
  2. 写真を選ぶ
  3. 写真を送信する
  4. 写真を削除する(写真はアプリが選んでくれます)

「おもいでばこ」とiPhoneはWi-Fi(無線LAN)でつなぐことができるため、パソコンを介さずアプリの操作だけで完結させることができます。これだけで面倒くささが大幅に解消されますね。ちなみに無線ルータをお持ちでないご家庭でも「おもいでばこスポット」という機能を活用すると、iPhoneと「おもいでばこ」を直接無線で接続することができます。

iCloudにアップロード済みデータをとりこむ

もしiCloudをご利用中の方で、使用容量を抑えたい場合は「おもいでばこ」に移すことができます。

「おもいでばこ」のiOS向けアプリではiCloud連携の機能が提供されていますので、写真がiCloudにあるのかiPhoneの中にあるのか意識することなくえらんだ写真を「おもいでばこ」にとりこむことができます。

写真の持ち出しができる

外出時に写真へアクセスする用途においてiCloudは便利ですよね。同様のことを家の環境でやろうとするのに家のリビングに設置している「おもいでばこ」を取り外し運ぶのは大変です。そんなときは、アプリの「クリップ」機能を活用して、選んだ写真を持ち運ぶことができます。

ちなみにクリップ機能で選んだ写真のサイズは縮小されます。iPhoneの画面に適したサイズに調整されますので画質が気になることはないと思います。

iPhoneの容量が足りないときは、「おもいでばこ」におまかせ

パソコンもUSBも使わずiPhoneの写真を保存することができる「おもいでばこ」。ほかにも便利な機能がたくさん用意されています。詳しくは下記のバナーから参照することができますのでご覧ください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

【簡単に探せる!】スマホやデジカメの写真データ保存方法

あのとき撮影した写真が見つからない・・・そういった経験はありませんか?

「おもいでばこ」開発担当の稲本です。写真を撮影するのって本当にお手軽ですよね。いつも持ち歩いているスマホをポケットから取り出してパシャっと撮るだけ。

特にカメラや旅行が趣味、という人でなくても、写真を撮りたいと思ったときに撮る、という習慣が自然に身についているのではないでしょうか。お出かけしたから記念に撮る、友達と遊んだから撮る、というように、何のストレスもなく気軽に撮り続けてきたかと思います。

撮影した写真の数が増えると、データとの付き合い方がかわる

でも、写真を撮れる枚数は無限ではありません。スマホでもデジカメでも、保存できる限界のデータ容量があります。容量については、限界がくる前に、データの保存方法については考えておきたいですよね。

また、容量が仮に余裕があったとしても、写真は日に日に増え続けるものですので、どう管理していけばよいのかが課題になっていきます。最初はアルバム整理なしでも目的の写真は探せたと思いますが、数が膨大になることでアルバム管理が次第にできなくなっていきます。

あなたは写真データをためやすいタイプ? チェックリスト

写真データが溢れて整理が難しい状況になっていたり、今は大丈夫でも将来写真をためてしまい困るタイプかどうかがわかるチェックリストを用意しました。以下のいずれか一つでも当てはまる方は、要注意です。

  • スマホの画面に「空き容量は残りわずかです」という表示が出てきた。写真を少し削除してしのいでいる。
  • スマホやデジカメに半年間以上、写真を撮り続けてきたがどこにもデータを移していない。
  • これまで意識的に写真の削除をしたことがない。
  • 家族や友達から写真がよく送られてくる。どれも大切な思い出だから消したくないと思っている。
  • パソコンを持っていない、もしくは家にあるけど使えない。
  • パソコンに写真データを保管しているが、外付けハードディスクを持っていない。
  • デジカメやAndroidスマホで写真を撮影しているが、SDカードを持っていない。
  • 写真の保存場所に困ったり迷った覚えがあるが、特に何も対策していない。

1つ以上該当する場合、写真データの保存方法について今一度考えてみましょう。

代表的な写真データの保存方法

それでは、写真データの保存場所と、保存の仕方についてご紹介します。代表的な3つの方法を挙げます。

①パソコンや外付けハードディスクに写真データを保存する

パソコンとハードディスク

パソコンのフォルダーに写真データを保存します。「マイピクチャ」の中にフォルダーを作り、そこに写真データを保存する人が多いのではないでしょうか。パソコンを普段から扱っている人にとっては簡単で、USBケーブルで機器をつなぎ、データをコピーすることで保存完了です。

フォルダー名を工夫してつけていくと、とあとから探しやすくなります。出かけた先の名前やイベント名、撮影した日付などを加えると良いでしょう。

一方で、パソコンの内蔵ハードディスクの容量は限られています。容量が埋まっていくのが気になる、という方は大容量の外付けハードディスクの利用を検討しましょう。外付けハードディスクは、パソコンのUSB端子を経由して写真を保存することで、たくさんのデータを残すことができます。大容量のため写真に限らず、動画データも大量に保存することができます。

②SDカードに写真データを保存する

SDカード

SDカードに写真データを保存します。機器に直接接続してデータ保存できるという点から、最も簡単な方法の一つです。

SDカードは撮影する機器によって形が異なります。デジカメをお使いの方はSDカード、Androidスマートフォンをお使いの方はmicroSDカードを使用する場合が多いと思います。ちなみにiPhoneはSDカードが挿せないのでこの方法は使えません。

SDカードで管理すると、写真を一つの場所に撮りためていくことになるので、イベントごとなどアルバム管理はしづらくなります。また、写真を見返すのにデジカメの小さな液晶画面で見なければならない等、不便に感じることが多いため、この方法で管理する人は少数派だと思います。

③クラウドに写真データを保存する

クラウド

インターネット上のストレージサービスに写真を保存します。主にスマホで撮影した写真データを保存することが多いと思います。

代表的なサービスとしてはiPhoneだとiCloud、AndroidだとGoogleフォトが挙げられます。

スマホは常にインターネットにつないでいる状態にできるので、いつでも写真をアップロード/ダウンロードできたり、友達と共有などが容易にできるという点が便利です。スマホが世の中に普及してから注目を浴びているクラウドですが、サービスによっては写真の保存容量や期間に制限があったり、アップロードすると写真の画質が劣化するなどの一部、自由に使えない面があります。

あのときの写真、すぐに探せますか?

よし、とりあえずスマホやデジカメの写真データをどこか別のところに移そう!と思い立った方。ちょっと待ってください。
写真をあとから見返すことを考えながらデータ保存をしないと、あとが大変です。

私の苦い経験をご紹介します。

  • しばらく使っていなかった外付けハードディスクに写真データを保存していたが、ラベルをつけておらずすっかり中身を忘れていて初期化してしまった
  • パソコンに写真を移すたびにフォルダーの名前をつけていたが途中で面倒になり、どこに何があるのかわからなくなってしまった
  • SDカードが家にたくさんあり、どこに何が入っているのかわからなくなった
  • 家族の記念写真をクラウドで共有したあと、内部容量を空けるために元データを削除したら、画質が劣化したものしか残らなくなってしまった
  • クラウドで共有した写真の保存期限がいつの間にか過ぎており、写真が見れなくなった

このように、紙のアルバムなら当たり前のように管理できていたことが、データ管理になるととたんに難しくなります。
そもそも思い出を残すために写真を撮るのに、見返す方法がわからなかったり、うっかり削除してしまうと本末転倒ですよね。

写真を探したい人は、自分だけではない

あとから写真を見たいと思うのは、あなただけではありません。あなたの友達がふと思い出しトークをしたときかもしれませんし、親や親戚と世間話をしたときかもしれません。せっかく会話に花が咲いたのに、思い出の写真が見つからなかったら切ない気持ちになりますよね。

パソコンや外付けハードディスクに写真データを入れていた場合にも困りごとは出てきます。パソコンはプライベートな領域ですから、あなた以外の家族から写真を見つけることはできません。家族写真についてはやはり紙のアルバムのように、家族の誰でも探せる場所にあるのがよいでしょう。

【簡単に探せる!】スマホやデジカメの写真データ保存方法

それでは、写真データはどのように保存するのがよいのでしょうか。

写真がいつも探せなくて困っている、もしくは将来困りそうだ、という方に向けておすすめしたいのが、「おもいでばこ」です。
「おもいでばこ」とは、写真データを整理することに特化したフォトアルバムと思って頂ければイメージしやすいかと思います。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

とりこんだ写真データはカレンダーやアルバムで仕分けられ、あとから写真を探しやすい形になります。それでは実際にとりこみを行い、保存した写真をみてみましょう。

デジカメやスマホの写真をUSBケーブル経由でとりこむ

0.USBでとりこみ

デジカメやスマホとUSBケーブルで接続すると、「おもいでばこ」の前面にあるボタンが白く光ります。このボタンを押すと、デジカメ内の写真がすべてとりこまれます。

ちなみにUSBケーブルを使わずに、SDカードを「おもいでばこ」に接続してとりこむこともできます。

スマホの写真をアプリ経由でとりこむ

アプリでとりこむ

スマホでよく写真撮影をする方は、iOS/Androidスマホ向けアプリ「おもいでばこ」の活用がおすすめです。「おもいでばこ」のスマホから写真データの送信ができるようになります。初期設定の方法は画面を通じて一つ一つ案内されるため簡単に済ますことができます。

とりこんだ写真データを探す

1.写真一覧 削除する写真を選択する

上記はとりこんだ写真を撮影日ごとに自動で振り分けられ、カレンダー単位で表示した例です。ほかにも記念日ごとにアルバムを分けることができます。

写真はお気に入りマークをつけたものだけ分ける、タイムライン形式でみるなど用途に応じて表示を切り替えることができるので、目的の写真がすぐに見つかります。

あなたの写真データ事情にあった保存方法を選択しよう

大切な写真データを残したいと考えたとき、大きい容量のメディアに移せば解決だと思いがちです。

ご家庭によってデータ事情はさまざまですが、基本的な考え方としてデータを残すときに「あとから写真が探せるだろうか?」と考えて都度保存場所を決めていくと、すっきり整理できるようになると思います。
そのときの保存場所の一つとして「おもいでばこ」があればうれしく思います。

「おもいでばこ」には上記で紹介した以外にも、写真を素早く快適に整理するための様々な工夫が詰め込まれています。詳細は下記のページにて案内されていますのでご覧ください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

iPhoneの新写真フォーマット「HEIF」に「おもいでばこ」が対応した理由と変わらない体験

本アップデートに関するプレスリリースはこちら

undefined
iPhone X / 8で標準採用の新写真フォーマットに「おもいでばこ」が対応。高効率を保って取り込み・表示…

こんにちは!
おもいでばこチームの澤田です。(プロジェクトマネジメントや、GUIデザインを担当しています。)

iPhone Xも発売され、新写真フォーマットであるHEIF形式の写真を撮影できる端末が続々と増えてきました。近年のスマートフォンはカメラの性能やソフトウェアの処理品質が飛躍的に向上しており、デジカメの代わりにスマートフォンで撮影してるよ!という方も多いのではないでしょうか。

「おもいでばこ」がなぜ新フォーマットの対応を優先するのか

前回の記事の通り、新しいHEIFというフォーマットについて説明させていただいたおもいでばこチームですが、私たちのプロダクトである「おもいでばこ」自体は、これまでHEIF形式の写真には対応していなかったため、最新のiPhoneをお持ちのユーザー様にも、JPEGでの撮影をご案内している状況でした。
(せっかく画質も綺麗でファイル容量も小さいのにもったいない!)

私たち「おもいでばこチーム」は、あらゆる写真・動画を「おもいでばこ」に入れて、端末の区別なく自由に閲覧できる、
「みんなで撮って、見て、楽しい!」といった世界観を維持することに日々努めています。

というわけで、「おもいでばこ」をご使用いただいているユーザー様に、従来のJPEG形式の写真と同様のおもいでばこ体験をHEIF形式の写真でも体験いただきたい!
そんな想いを原動力に、おもいでばこチーム一同は、新フォーマットであるHEIF形式の写真について解析、試作、レビューを日々繰り返してきました。もう、本当に大変でした。
これでAppleさんから「やっぱり標準フォーマットはJPEGに戻すよ」とか発表されたら…

本体ソフトウェア、iOS / Android / macOS 全アプリを同日アップデート

HEIF形式の画像の仕様や「おもいでばこ」でどう取り扱うかを検討した経緯は前回の記事で詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

当初はiPhone内でHEIFをJPEGに変換して送る方向性も検討していましたが、結果として、「おもいでばこ」本体自体を新たにHEIF形式に対応させることに決定し、開発を進めていました。「おもいでばこ」本体が、HEIF形式をそのまま取り扱うことができれば、容量として効率の良いHEIFのメリットを活かせる他、「おもいでばこ」の体験として重要視する重複排除なども働かせることができ、ユーザー様に負担をかけないと判断したためです。

この実現のために、おもに「おもいでばこ」に下記の新機能を追加することになりました。

HEIFデータのデコードおよび、表示用サムネイル等の自動変換機能

前回の解析結果をふまえて、HEIF写真のオリジナルデータを「おもいでばこ」内部で展開(デコード)し、表示用画像やサムネイルを自動変換する機能を追加しました。現状(本記事執筆時点)、Apple社のOS以外は標準でHEIFでデコードできないため、独自の実装となります。

テレビでの拡大表示時はその場でHEIFのオリジナルデータを再生しています。48分割されている画像のストリームを4つずつ並列処理することで、拡大表示時もできるだけ待ち時間のストレスを感じさせない作りとなっています(触っていてもJPEGと区別がつかないと思いますが…)。

HEIFデータを「おもいでばこ」がインデックスする画像の対象として拡張

従来、「おもいでばこ」が画像(写真)データとしてとりこみ、整理の対象とするのはJPEG・PNGのみでした。今回新たに、HEIFで取り込まれた写真も対象として取り扱えるように拡張しました。「おもいでばこ」はデータのハッシュ値を照合することで、一度取り込んだ写真を例えファイル名が変わっていても取り込まない「重複排除」という機能を備えていますが、この拡張によってHEIFのオリジナルデータのハッシュ値を照合でき、従来と変わらない重複チェックが可能となりました。

HEIF写真表示イメージ(HEIF写真の拡張子は「.heic」)

(右上に注目)HEIF写真も通常の写真と同様に表示 ※HEIF写真の拡張子は「.heic」

そしてついに2017年11月15日、「おもいでばこ」の世界にHEIF形式の写真が仲間入りできる日がきました。実際、「おもいでばこ」史上最大規模といえる怒涛の同時リリースです。
(おもいでばこチームのてんやわんやした感じをご想像ください、この記事を書いてる今も凄くてんやわんや、あぁ時間がっ!)

今回のアップデート対象はこちらです。

  • PD-1000S / PD-1000シリーズ ファームウェア Ver.3.20
  • おもいでばこ iOSアプリ Ver.6.2.0
  • おもいでばこ Androidアプリ Ver.6.2.0
  • おもいでばこ Macアプリ Ver.2.4

今回のアップデートでは、iPhoneで撮影したHEIF形式の写真を「オリジナルデータのまま」で「おもいでばこ」にとりこんだり、おもいでばこアプリをインストールした端末やテレビの画面に表示してお楽しみいただけるようになります!

HEIF対応のポイント「区別なくとりこみ」「フォーマット最適化」

クリックで拡大

全アプリのアップデートが必要なワケ

え?そんな事はここまでで何度も書いているって?
おもいでばこチームは、HEIF形式の写真をとりこんで表示できるだけで、「おもいでばこ」をアップデートしたなんて言いません。

「おもいでばこ」は、写真を保存して表示するだけのプロダクトではなく、家中のスマートデバイスや、プリントしにお店へデータを持ち出すなど、写真の楽しみ方まで提案するデバイスです。というわけで、HEIF形式の写真に対応していない端末には、「おもいでばこ」がHEIF形式の写真をJPEG形式の写真に変換して、かきだせるようになりました。
つまり、パソコンでファイルフォーマットを変換したり、クラウドサービスを経由するといったような手順を踏まずに
従来どおりのJPEG形式の写真と同様に、「おもいでばこ」の世界観をお楽しみいただけるのです。
「ママのスマホ(最新iPhone)で撮った写真が、なぜかパパのスマホ(Android)では見られないのよね。困ったわ。」
なんて緊急事態からおさらばです。

もちろん対応している端末には、「オリジナルのまま」であるHEIF形式の写真としてかきだすことができます。
これは地味に嬉しい!
HEIF形式の写真はJPEG形式の写真と比べてファイルサイズが小さく画質も優れているので、扱える端末では良い事づくしなのです。

HEIF形式の写真を取り込んでみる

そろそろアップデートの紹介とかウンチクはもういいよって声が上がりそうなので、HEIF形式の写真をアプリをつかって「おもいでばこ」にとりこんでみましょう。写真の素人感が否めないですが、次回記事でお会いした際には、もっと上手く撮れるように精進します。

写真を送る操作は従来どおりです。おもいでばこアプリ(iOS)で「おもいでばこ」に送りたい写真を選択して次へをタップし、送信します(スクリーンショットはiPhone Xです!)。
スクリーンショット1[送信選択]

「おもいでばこ」はHEIF形式の写真でもしっかり重複判定するので、過去にとりこんだ写真はとりこみません(我ながら素晴らしい自己フォローです)。今回とりこまれたのは4枚でした。

スクリーンショット2[送信完了]

とりこまれた写真は、テレビに映して楽しんだり

スクリーンショット3[閲覧画面]

スクリーンショット4[拡大画面]

スマホやタブレットのおもいでばこアプリで楽しめます(左上の撮影機種名とファイル名から、HEIFの写真だとわかります)。

スクリーンショット5[iOS閲覧]

先にお伝えしたとおり、HEIF形式の写真に非対応なAndroid端末でもお楽しみいただけます(取り込み時に自動変換された、表示用のJPEGにアクセスしているという構造です)。

スクリーンショット6[Android閲覧]

これはAndroidの画面ですが、HEIF非対応の端末にHEIF形式の写真をダウンロードすると、そのタイミングで「おもいでばこ」がJPEG形式に変換して送ってくれます。

スクリーンショット7-1[ダウンロード後のGoogleフォト]
スクリーンショット7-2[ダウンロード後のGoogleフォト情報表示]

MacではOS標準でHEIFに対応しているので、Macアプリではかきだし時に「オリジナル」のファイルとして保存するか選ぶ設定が追加されました。

スクリーンショット8[Macかきだし設定画面]

と、ここまでご覧いただいておわかりかと思いますが、実際、従来の「おもいでばこ」と基本的な操作手順は変わりません。(変わらないことが大切なのです!)

HEVC動画は「写真」アプリのシェア機能かケーブル接続で取り込みを(暫定)

と、ここまで新しく対応したHEIF形式の写真の「おもいでばこ」での取り扱い方法になるのですが、残念ながらHEIF形式の画像と同様に追加された新形式の動画コーデックであるHEVCの動画のとりこみや再生には現在の「おもいでばこ」のハードウェア性能では対応することができません。

暫定的な対応となりますが、HEVC形式の動画についてはiPhone内に標準で備わっている変換機能を使うことで、H.264コーデックの動画(mp4)として「おもいでばこ」に取り込んでお楽しみいただくことができます。

現状(本記事執筆時点)、HEVC動画を送る方法は下記の2種類です。

  • 「写真」アプリからシェア機能で送る(おもいでばこアプリでないことに注意)
  • 「設定」アプリで互換性設定にして「おもいでばこ」とiPhoneをUSBケーブルで接続して送る

ケーブルで送る場合は、事前にiPhoneの設定の変更が必要です。

  • iPhoneの「設定」アプリで「写真」アプリの設定を開き、「MACまたはPCに転送」の項目を「自動」に設定しておきます。
  • iPhoneをUSBケーブルで「おもいでばこ」に繋いで本体のとりこみボタンを押すことで、iPhoneがHEVCコーデックの動画を、H.264コーデックの動画に変換し、「おもいでばこ」に保存することができます
    ※この方法で取り込むと、重複排除も働くようです。

HEIF形式の写真とHEVCコーデックの動画を「おもいでばこ」にまとめてとりこむには少しコツが必要なので、下記の手順を澤田はおすすめします!

  1. iPhoneのおもいでばこアプリから、HEIF形式の写真をとりこみます。(送信済み履歴をアプリに残せます)
  2. 本体にiPhoneをUSBケーブルで繋いでとりこみます。(HEVCな動画をH.264に変換してとりこめます)
    ※この時点で1.でとりこんだ写真がiPhoneによりJPEGに変換されて重複してとりこまれてしまうので…
  3. 本体の「最近とりこんだもの」で「写真のみ」しぼりこみして、全選択からゴミ箱に入れてしまいます。
    ※「最近とりこんだもの」では、2.の手順でとりこんだ写真/動画だけを一覧で表示できるので
    重複してしまったJPEG形式の写真を選びやすくなるのです。

長々とした紹介記事になってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
せっかくの新しいiPhone、是非これからもバシバシ写真を撮って「おもいでばこ」の世界をお楽しみください。

※HEIFやHEVCなどの新しいフォーマットを意識せず使いたい方は、従来のJPEG/H.264での撮影に設定を変更することをおすすめします。詳しくは、下記の前回記事をご確認ください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

「iCloudストレージが残りわずか」は、写真を移動して解決

ざっくり言うと

  • 「iCloudストレージがいっぱい」になったら、有料のiCloudの大容量プランに入るか、写真をiCloudの外へ移す必要あり。
  • iCloud上から写真(動画)を消すと、iPhone本体内の写真も消える
  • パソコンやクラウド登録なしでなんとかしたい場合は、テレビの横に置いて使う「おもいでばこ」で写真を保存できる。

170218omoide_283「おもいでばこ」って何?ブログ記事はこちら
「おもいでばこ」の購入はこちら

 


 

「iCloudストレージがいっぱいです」になったら?

こんにちは、カメラマンの早川です。
iPhoneには「iCloudフォトライブラリ」という機能があって、iPhoneで撮影した写真やiPhoneに保存した写真や動画を、Appleが提供する無料のクラウドストレージ「iCloud」にバックアップしてくれるという機能があります。無料で使えるのは5GBでそれ以上の容量を使いたい場合は容量に応じて費用がかかります。
ON/OFFは任意で設定できるのですが、ONにしてそのまま使っていると、意外にあっという間に「iCloud」の容量がいっぱいになって、「iCloudストレージが残りわずか」とか「iCloudストレージの保存容量がもう少しで上限に達します」「iCloudストレージがいっぱいです」などの通知が頻繁に届くようになります。

IMG_1649

iPhoneから写真を消すと「iCloud」からも写真が消える

意外に「iCloud」の仕組みをちゃんと理解している方は少ないみたいなので、軽く説明するとこんな感じです。iPhone本体の容量節約の目的で「iCloudフォトライブラリ」をONにしていて、「iPhoneのストレージを最適化」もONに設定した方向けにまとめます。

IMG_1650
この状態でiPhoneのカメラで写真や動画を撮影したり、メールなどで送られてきた画像を保存すると、iPhone本体に保存されると同時に「iCloud」にも保存されます。

さらに、写真や動画を保存し続けると、iPhoneの容量がいっぱいになってきます。すると、iPhoneはiPhoneの一覧画面で表示できる程度の小さい写真のみを本体に残すようになって、元の高解像度写真は「iCloud」にのみ保存するようになります。

それでもiPhoneの容量が足りなくなったら、通常iPhoneの空き容量を増やすためにiPhoneの本体に保存されている写真を削除しようとすると思います。しかし、iPhoneの小さな写真を削除すると、同時にiCloudに保存された元のサイズの写真も削除されてしまいます。つまり、iPhoneの容量がいっぱいになって写真を消すと、「iCloud」に保存した元のサイズの高解像度写真は帰ってこなくなってしまいます。
ちなみに、無料で使える「iCloud」の容量は5GBです。そのため、一般的にはiPhoneの容量よりも先に「iCloud」に保存できる写真の容量が足りなくなって、有料の大容量プランにするか、別の場所に移す必要が出てきます。

「おもいでばこ」で「iCloud」に保存した写真を消さずに移動できるように

DSC_0928

2017年8月のアップデートから「おもいでばこ」アプリの「写真を送る」画面の下に雲のアイコンが追加されました。こちらをタップして「ダウンロードして送信する」を選択すると「iCloud」にしか元のサイズの写真がない写真も、まとめて手元の「おもいでばこ」にダウンロードしてとりこめるようになります。

IMG_0961

そもそも「おもいでばこ」とは

170218omoide_283
「おもいでばこ」は、自宅のテレビにつないで、写真・動画を保存、整理できるデジタルフォト・アルバム。
ハードディスクを内蔵していて、スマホ・タブレット・デジタルカメラなどそれぞれに保存されている写真・動画を一か所に保存まとめて保存できます。保存した写真・動画は自動で整理されるほか、家族や仲間とテレビで楽しんだり、ひとりでスマホやタブレットから開けます。
写真・動画のバックアップにはもちろん、お気に入りの写真をスマホ・タブレットに容量を小さくして再度入れて持ち歩きすることもできます。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

「おもいでばこ」の購入についてはこちら

実際にとりこんでみた

「おもいでばこ」アプリを起動します。画面左上の三本線(メニューボタン)をタップし「写真を送る」を選択します。次の画面で、「すべての写真」をタップすると、iPhoneに保存されているすべての写真を一覧表示されます。写真のサムネイルに雲のアイコンが表示されている写真が「iCloud」に保存されている写真です。画面最下部の雲のアイコンをタップして「ダウンロードして送信」を選択。一覧のiCloudの写真がすべて選択できるようになりました。

IMG_1624

この後の手順は、従来と同じです。「おもいでばこ」にとりこみたい写真をタップで選びます。

IMG_1626

写真を選んだら、画面右上の「次へ」をタップ。「アルバムに追加」画面が表示されるので、新しくアルバムを作ってもよし、すでに作ってあるアルバムに追加してもよし、特に登録せずにとりこんでもよし、お好きな整理のルールでとりこみます。今回は、細かい整理は必要になったらやればいいので、そのまま「送信」をタップしてアルバム登録せずにとりこみました(祝日のアルバムは自動で追加されます)。

IMG_1623

画面右上の「送信」をタップすると、とりこみが始まるのですが、画面を見ると「iCloudからダウンロード中」と表示されています。実は、iCloudにある写真は一旦iPhoneにダウンロードしてから「おもいでばこ」にとりこむのです。空き容量が少ない場合は、少しずつダウンロードして送信、送信した分をiPhoneから削除してまたとりこんで…という作業を、「おもいでばこ」アプリが繰り返しやって写真を送ってくれます。

IMG_1627

ちなみに「おもいでばこ」アプリは、とりこみが終わったら送信済みの写真だけを削除できます。iPhoneやiCloudの容量が少ないのなら、これですぐ空きが作れますね。

IMG_1629

間違って削除しないように、もう一回確認してくれます。

IMG_1630

iPhoneの写真アプリで確認したところ、確かに削除されていました。
※この場合の削除は「写真」アプリの「アルバム」の「最近削除した項目」に移動された状態なので、「最近削除した項目」を空にしないと空き容量は増えません。

IMG_1647

「iCloud」の手軽な容量解消不足に「おもいでばこ」

iCloudストレージが残りわずかかいっぱいなら、「iCloud」に保存されている写真を「おもいでばこ」にとりこめば、iPhoneもiCloudも身軽になりますよ。「iCloud」の大容量プランへの切り替えも便利ですが、買い切りで済ませたい、手元に写真を残したい、他のデジカメ写真などを一緒に残したいなどの目的なら、「おもいでばこ」はぴったりです。

iCloudを使っている人に読んでほしい、気をつけておくべき写真保存のルール

iCloudを使っていると、通信料のことや容量面などが気になりストレスを感じることがありますよね。とはいえ、写真をハードディスクに保存すると管理が難しいという声をよく聞きます。それぞれの良し悪しを踏まえた上で、おすすめの写真保存方法をまとめました。

おもいでばこブログ
写真の保存場所として外付けハードディスク、SDカード、USBディスク、光学ディスクに保存するハードディスク派の意見とGoogleフォトやDropbox、iCloudに保存するクラウド派の意見をまとめ…

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

スマホで写真整理がもっと時短に!新機能「しぼりこみ」を試してみる

使うと便利なしぼりこみ機能

こんにちは、カメラマンの早川です。
「おもいでばこ」には、テレビで写真を見ていると、お気に入り/アルバム/カメラ名/動画のみ/写真のみ/位置情報つき/最近とりこんだものといった多種多様は条件で写真や動画をしぼりこめる機能があるのですが、使い始めるとかなり便利で、月ごとや年ごとにお気に入りの写真だけをしぼりこんでダイジェストで楽しんだり、動画だけをしぼりこんで連続再生したり、カメラ名でしぼりこんで自分が撮った写真や妻のiPhoneで撮った写真、娘がゲーム機で撮った写真がそれぞれの作品を楽しんだりして、違った楽しみ方ができたり、そのままアルバムを作成するなど、整理に役立ったりします。

2017073119452695

「おもいでばこ」アプリの新機能「しぼりこみ」を使ってみる

テレビで見ている時だけ使えた「しぼりこみ」ですが、これに慣れるとスマホやタブレットの「おもいでばこ」アプリで写真でも、「あー、しぼりこみ機能が使いたい!」と思うことがあります。2017年8月、ついにスマホ・タブレットの「おもいでばこ」アプリにも「しぼりこみ機能」が追加されました。しぼりこみできる条件はテレビとちょっと違って、「お気に入り」「お気に入り以外」「写真のみ」「動画のみ」の4種類です。組み合わせでのしぼりこみも可能なので、実質8種類の条件でしぼりこみが可能です。

実際に試してみましょう。まずは、カレンダーからしぼりこみを試してみようと思う2017年6月の写真を一覧表示しました。

IMG_0963

 

一覧が表示されたら画面の上にある「すべて▼」をタップします。

DSC_0919

4つのしぼりこみ条件が表示されるので、しぼりこみたい条件を選択します。

IMG_0964

「お気に入り」と「お気に入り以外」、「写真のみ」と「動画のみ」はそれぞれどちらかが選べて、最大2つの条件を組み合わせることができます。

IMG_0965

2017年6月にお気に入り登録した写真は10枚。意外に少なくて、もっと登録したくなりました。

IMG_0966

スマホの「しぼりこみ」機能は、写真の手早い整理に便利

例えば、今月のお気に入りだけをクリップしたい!とか、今年の動画だけを続けて見たい!とか。さらにしぼりこんで、今月のお気に入りの写真だけをアルバムにしてみたり、今年のお気に入りの動画だけをまとめて見てみたりという感じで、スマホの「しぼりこみ機能」はテレビと違って、手元でこだわった写真整理の作業をするのに、思った以上に便利です。ぜひ、使ってみてください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

容量いっぱいになったiPhoneの写真や動画は「おもいでばこ」におまかせ

「iPhoneのストレージがいっぱいです」などの表示で写真が撮れなくなって困った経験があったら、「おもいでばこ」でiPhoneやiCloudから写真・動画を移動して、本体やiCloudの容量を復活する方法がお手軽です。

「おもいでばこ」は、パソコンなどを使わずにiPhoneから大量の写真や動画を中に搭載したハードディスクに簡単に移せるデジタルフォト・アルバムというジャンルの機器です。写真・動画を合計最大40万コンテンツ(または容量がなくなるまで)保存できます。「おもいでばこ」があればiPhoneから写真を消去しても「おもいでばこ」に残ります。iCloudフォトライブラリーにアップされた写真も保存できるので、「iCloudストレージがいっぱいです」の表示が毎回出ていた方のお悩みも解消できます。

170218omoide_283

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

「おもいでばこ」の購入はこちら


iPhoneの写真の保存に「おもいでばこ」がおすすめのワケ

ネット回線契約やアカウント登録不要

1000s-01

「おもいでばこ」はWi-Fiを内蔵。 インターネット回線契約を新たにしなくてもスマホ写真をデータ通信量を気にせずどんどん保存できます。テレビにつないで使うから、保存した写真はすぐにみんなで楽しめます。

iPhone の画面で写真を選んで送るだけ

1000s-02

写真・動画は無料の「おもいでばこ」アプリで直接送るだけ。 パソコンいらずで簡単に写真をとりこむことができます。

「おもいでばこ」がかしこく自動で整理

1000s-03

とりこむだけで自動で整理してくれるので、 面倒なフォルダー管理は不要です。 とりこみ済みの写真は二重にとりこむことはありません。

iPhone 以外で撮った写真もおまかせ

1000s-04

SDカードやUSB接続で、デジカメなどの写真もとりこめます。 すべての写真や動画を 「おもいでばこ」に集めて、 iPhoneやテレビで楽しめます。


iPhoneで撮影した写真を「おもいでばこ」で簡単バックアップ

そんなiPhoneの写真を気軽に保存して楽しめる「おもいでばこ」。実際にどのように使えるの?ということで、設定から保存してみるまでをざっくりレポートにまとめました。

使用機器(バージョン)

「おもいでばこ」 : PD-1000S(本体・ソフトウェア : Ver.3.00※)
スマートフォン : iPhone 6S(iOS 10)

※PD-1000シリーズの場合 本体ソフトウェア:Ver.3.01以上)

「おもいでばこ」の箱を開けてみる

1000s_set

箱を開けてみると、箱の中には「おもいでばこ」本体とリモコン、リモコン用の乾電池、テレビとつなぐためのHDMIケーブルにACアダプター。 テレビと「おもいでばこ」を付属のHDMIケーブルでつないで、ACアダプターをコンセントに挿せば接続は完了!あとは電源ボタンを押すだけ。テレビの画面に「おもいでばこ」のロゴが表示され、ホーム画面が表示されたら起動完了です。

iPhone と「おもいでばこ」をWi-Fiで接続してみる

1000s_wi-fi

※「0340D」の文字列は、機器により異なります。

「おもいでばこ」とiPhoneなら、Wi-FiルーターがなくてもWi-Fiで接続できるんです。初期設定時、「無線LAN親機に接続していますか?」の設問で、「いいえ」を選択するとiPhoneと「おもいでばこ」を直接Wi-Fi接続できる「おもいでばこスポット」の設定が始まります。画面に従って、「おもいでばこ」アプリをしたらテレビ画面の「次へ」を選択。テレビ画面に表示されたSSIDを選択しiPhoneのWi-Fi設定画面でパスワードを入力すれば、「おもいでばこ」とWi-Fiでつながります。

テレビのホーム画面「その他の機能」→「設定」→「おもいでばこスポット」で、いつでも設定可能です。

iPhoneの写真をとりこんでみる

1000s_app

「おもいでばこ」アプリを起動して、左上のメニューボタンをタップします。「写真を送る」をタップするとiPhoneに保存された写真が表示されるので、とりこみたい写真を選択して「次へ」をタップします。
「アルバムに追加」画面で右上の「送信」をタップしたら、選択した画像が「おもいでばこ」にとりこまれます(この時、アルバムを選択すると同時に選択したアルバムにも入れられます)。「おもいでばこ」に写真がとりこみ終わったら、写真がすぐテレビでも見られるようになります。とりこんだ写真はiPhoneから消しても、保存し直すことも可能です※。

iPhoneに保存してある写真や動画を全部まとめてとりこみたい時は、Lightningケーブルでつないでとりこみボタンを押すだけでもOK!

※端末の登録操作が完了している必要があります。

機種変更時も、万が一の故障時も安心

1000s_finish

こうして、iPhoneの写真を「おもいでばこ」にとりこんでおけば、機種変更の際も安心です。また、故障などでiPhoneの中に保存した写真が消えてしまっても、「おもいでばこ」からiPhoneに戻せるので安心です。

デジカメやビデオカメラの写真や動画も、SDカードやUSBケーブルでとりこんで、iPhoneやテレビで楽しめますよ♪


▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

【iPhone写真術】映り込み防止テクでキレイに!水族館で水中写真を楽しもう

暖かくなってお出かけ気分が盛り上がってきた今日この頃。でも、雨が降って水族館に行先変更…、なんてこともよくある話ですよね。ところで、水族館で水槽の中を泳ぐキレイな魚たちを撮影してみたけど、いろいろ映り込んで出来上がりに満足できないという経験はありませんか?今回は、iPhoneで水槽の中をキレイにを撮る方法をご紹介します。

フラッシュをオフにする

フラッシュのオフは基本中の基本。水族館にもよくフラッシュ禁止の張り紙がありますよね。魚たちにとって良くないので、フラッシュはオフにしてください。水族館に限らず、ガラスの向こうを撮影する場合は、フラッシュが反射してしまうので、オフにしてから撮影しましょう。

フラッシュをオフにする方法
iPhoneが横位置の場合、カメラアプリを起動して、画面左下の稲妻アイコンをタップします。自動/オン/オフの選択が可能なので、ここでは「オフ」を選択します。

フラッシュ

iPhoneのレンズを水槽に密着させる

映り込みをなくすには、iPhoneのカメラレンズを水槽のガラスに密着させるだけです。たったそれだけで、背景などの映り込みがなくなってキレイな写真が撮影できます。

距離

(豆知識)画角の広いレンズほど映り込みが増える

画角の広い(被写体との距離が同じ条件で撮影できる範囲が広い)レンズの方が、映り込みの範囲が広くなります。iPhoneのレンズは画角が広めなので、水槽のガラス面から少し離れただけでかなり広く背景が映り込みます。レンズの画角と同じ角度で反射する範囲が映り込みの範囲になるので、水槽から背景までの距離が遠くなるほど映り込むものが多くなります。

映り込み

 

配管などを避ける

水槽の中には、生き物を飼育するために必要な配管や機械などが入っています。配管などを避けて撮影するとあたかも水中で撮影したような写真を撮影できます。

配管

大きい水槽なら、少しだけレンズを上に向けて撮影すると波や光の加減が印象的な写真も撮れます。iPhoneに限らずカメラ全般で効果的なので、水族館に行った際には、ぜひ試してみてください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

【iPhone写真術】太陽の逆光を活かしたシルエット写真を楽しもう

冬が近づきだいぶ日が短くなってきた今日この頃。子どもと公園で遊んでいても17時を過ぎる頃には、夕焼けで風景もオレンジ色に染まって見えます。日が短くなって太陽が低くなると、写真を撮っても被写体が暗く映りがち…。そんな、冬の太陽を味方にして、シルエット写真を撮ってみましょう。iPhoneでもキレイにシルエット写真を撮る方法もご紹介します。

太陽を被写体の後ろに持ってくる

キレイなシルエット写真を撮りたいときは、太陽とカメラの間に被写体がある状態(逆光)で撮影するのがポイントになります。できるだけ被写体の真後ろに光源(太陽)がある状態で位置決めをします。この時、太陽の位置が低い方がよりキレイなシルエット写真が撮れます。

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-4

陰影をつけるために「HDR」をオフにする

「HDR」という機能は被写体と背景に明るさの差が大きい場合に、被写体が明るい写真と背景が明るい写真を2枚撮影して合成することで、どちらも明るく映った写真が出来上がる機能です。今回は、被写体が暗く映ることでキレイなシルエット写真を撮影できるので、普段は便利な「HDR」機能をあえて「オフ」にします。

「HDR」をオフにする方法
iPhoneが横位置の場合、カメラアプリを起動して、画面左の「HDR」をタップします。自動/オン/オフの選択が可能なので、ここでは「オフ」を選択します。

hdr-off

ピントは背景に合わせる

撮影時に気を付けるのは、露出のポイントを背景に合わせること。被写体に露出を合わせてしまうと、iPhoneが被写体を明るく撮ろうとするため、キレイにシルエットになりません。上の写真と比べると、木の緑が黒くなって、後ろの木や建物も黒くなって同化してシルエットになっています。

pint

 

空の色を気にして撮ってみよう

空が青い時、薄っすらピンクの時、鮮やかなオレンジ色の時といった感じで、空の色を気にしながら撮ると雰囲気の違うシルエット写真が撮影できます。

img_6201

img_62022

img_61932

人や木などいろいろな被写体で撮影してみると意外に楽しいです。他にも、二人で並んで手でハートを作ってみるとか、作品を作るノリで撮ってみても楽しいかもしれませんね。
夕方に犬の散歩や健康のためにウォーキングをされる方、子供にせがまれてあと1時間で日没なのに公園に行くなんて方、ぜひ試してみてください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

iPhone7発売!スマホの写真・動画の移行は「おもいでばこ」で簡単に。

■iPhone7が発売!ですが……

9月16日、iPhone7が発売されましたね。そういう私も、ガジェットに詳しいわけではないものの、新しいもの好きではあるのでiPhone7に機種変更をしようと思っています。ただ、機種変更時に面倒に思うのが、スマホの中でも特に容量を取られる、写真や動画などの移行ではないでしょうか?

実は私も、機種変更時の写真や動画の移動には悩まされてきました。私の使っているキャリアでは、データの移行をショップでやってもらうことができませんし、自分で移動の方法を調べるのも面倒。結局、写真や動画は機種変更前の端末に置いてきぼりにしてしまうことが多いのです。今使っている端末には子どもの写真も入っているので、それはきちんと管理しなくてはと思っていました。

そこでiPhone7の発売に備えて目を付けていたのが、「おもいでばこ」。「おもいでばこ」を利用すれば、写真や動画の移動や管理を簡単にすることができると聞いて、試してみることにしました。

 

■「おもいでばこ」はこんなアイテム

image2

「おもいでばこ」という名前を聞いて、何を思い浮かべますか? 「おもいでを宝物のように箱に入れておけたら……」。そんな想いに応えるアイテムなのではないかと、想像が膨らみます。

「おもいでばこ」は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真を保管、鑑賞、プリント、シェアなどさまざまな形で活用できる製品です。「おもいでばこ」が持つ特長としては、以下があげられます。

・操作が簡単
機械が得意でない人でも、困ることなく操作ができる簡単さが「おもいでばこ」の特長です。取り込みからスライドショーの鑑賞、アルバム分け、カレンダーでの時系列管理、そして他端末へのデータ移行など、簡単に誰でもラクラクできます。

・10年単位で写真を残せる大容量
最大40万枚の写真保存可能にする大容量で、長い間撮りためた大切な写真を保存し続けることができます。

・ネットワークの接続でより便利
「おもいでばこ」はWi-Fiに接続することもできます。インターネットに接続することで、より手軽にスマートフォンの写真を取り込めますし、FacebookやTwitterといったSNSに「おもいでばこ」から直接写真を投稿することも可能です。

このように、「おもいでばこ」にはさまざまな機能があり、外付けハードディスクのような単なる保管場所としてだけではなく、幅広い使い方ができるのです。

 

■「おもいでばこ」で写真をスマホから移してみる

現在使っているスマートフォンから写真を移動させるべく、「おもいでばこ」を使ってみました。

image3

ホーム画面はこんな感じです。ごちゃごちゃしていないし、シンプルで使いやすそうだなと思いました。リモコンで操作できるのも簡単でいいですね。

image4

 

画像の取り込み方はいたって簡単。ケーブルでスマホと機器本体をつないで、「取り込みボタン」を押すだけです。すぐに取り込みが開始され、自動で画像データが「おもいでばこ」の中にコピーされていきます。

取り込まれた写真は、時系列順にカレンダーに並べられ、いつ撮ったものなのかが一目でわかります。自分でお気に入りの写真だけでアルバムを作ることなどもできます。

image5

また、取り込んだ写真は、スライドショーで鑑賞することができます。スマートフォンの画面で見るよりもくっきりと写真を見られて、ちょっと新鮮な感覚です。

 

■iPhone7へ写真を移すには

image6
肝心な、別端末へのデータ移行はどうでしょうか。

「おもいでばこ」は、単に写真を取り込んで鑑賞するだけの箱ではありません。写真や動画をスマートフォンやSDカードに書き出すことができます。この機能を使えば、新しく買ったiPhone7に写真や動画を移行できますね。SDカードにコピーをとったりするのも良さそうです。

早速、旦那のスマートフォンを使って試してみましたが、「おもいでばこ」アプリを使って「おもいでばこ」の中の好きな写真を選び、もともと私が使っているスマホに入っていた写真をラクラクコピーすることができました。こちらも操作に当たって難しいことはありません。また、もしものためのバックアップとして、SDカードにデータを書き出しておくことに。これで、子どもの写真をちゃんと保管できて安心です。

iPhone7を買ったら、「おもいでばこ」の中からお気に入りの写真と動画だけ移そうと思っています。

 

■結論

はじめは写真や動画の移行のことだけを考えて「おもいでばこ」を使ってみましたが、思ったよりもいろいろと便利そうです。パソコンを持っていないので、今までは写真や動画をどこかに保管しておくという発想があまりなかったのですが、これからはこの「おもいでばこ」で管理ができるなと思っています。

機種変更時の写真や動画の移行に困っている方はもちろん、家族との思い出をカタチとして末永く残していきたいと思っている方におすすめできるアイテムです。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

iPhoneの容量が足りない!たまった写真をパソコンなしでなんとかする方法

iPhone内のデータが散らかっているライターの鈴木です。iPhoneで写真を撮ろう!アプリをダウンロード!というとき、「ストレージの空き領域がありません」と言われたことはありますか?
写真と動画で容量が圧迫されていた私のiPhone。容量不足のたびに不要な写真やアプリをポチポチ消していました。今思えば、

  1. データを移すためにパソコンを立ち上げるのが面倒でやっていなかった。
  2. iCloudなどのクラウドサービスの有料プランは入りたくなかった。
  3. そうやってデータの移行を後回しにしてい結果、iPhoneの容量がいっぱいに・・

この辺が原因だったと思います。今回は、そんなiPhoneの写真の悩みをパソコン・クラウドなしで解決できそうな2つのアイテムを使える機会を得たので、サクッとできるか試してみました。

今回使用したアイテム

※Andoroidスマホの場合はmicroUSB搭載のUSBメモリーが同じ用途で使えますよ。


iPhoneに直接つなげるUSBメモリーでどこでも容量不足を解決

image3

1つめが、容量はiPhone 1台分ほどですが外で容量がなくなった!という場合にサッとデータを移すのに便利な「Lightningコネクター対応 USBメモリー」。通信制限の心配もなく、その場で写真をiPhoneから移せます。
↓たくさんの容量が必要な方は「おもいでばこ」へジャンプ

※iPhoneの「写真とカメラ」設定で「iCloudフォトライブラリ」オン&「iPhoneのストレージを最適化」設定の方は、USBメモリーを利用できません。

image5image4

名前のとおり片側がLightning端子、もう片方がUSB端子になっています。これならパソコンからUSBメモリーにデータを移すのと同じ手軽さで、データが保存できます。

他メーカーでもこのようなUSBメモリーはありますが、まず失くしやすいキャップが本体一体型のラバーというところがすぐれもの。使うときはラバーを倒せばOKで、キャップをなくす心配もありません。Lightning端子の根本に余裕もあるので、iPhoneカバーを付けたままでも挿せました。安心のApple認証製品なので、接続して読み込まれないということもなし。

iPhoneに装着し、アプリの画面に沿って操作するだけ

初めてiPhoneに接続すると、自動で無料アプリのダウンロード画面が起動します。そのままインストールしましょう。

image6image8

アプリを起動したら、iPhone内の全写真データのバックアップをしてみます。画面のバックアップ「写真」を選択して数タップでデータがすべてUSBメモリーに保存されました。約2,500枚の写真を移すのに5分もかからずなかなか高速。iPhoneのバックライトがオフになっても裏でアプリは動いているので“ながら”使いができます。もちろん、全部の写真を移さなくても必要な写真だけ選んで移すこともできますよ。

ちなみに小ワザですが、取り込んだ写真の中で見せたくないものはファイル一覧で横にスワイプするとロックがかけられます。iPhoneの指紋センサー「Touch ID」で解除しないと見えません。


写真がすぐたまる人は「おもいでばこ」一台で解決

image13

2つめのアイテムが「おもいでばこ」。ひと言でいうと、パソコンなしで使える、写真・動画専用のデジタルフォト・アルバムというジャンルの製品。家のテレビの横に置いて使います。中にハードディスクが入っていて、1TBと2TBのモデルがあります。16GBのスマホでいったら2TBで100台分以上の容量があるので、USBメモリーほどの容量ではすぐいっぱいになってしまいそうな人に便利です。
保存した写真・動画は自動で整理されるほか、家族や仲間とテレビで楽しんだり、ひとりでスマホやタブレットから開けます。

「おもいでばこ」って何?ブログ記事はこちら

「おもいでばこ」アプリで取り込みたい写真だけを取り込める。iCloudの写真も。

iPhoneに入っている写真を移したい場合は、「おもいでばこ」とiPhoneをWi-Fi(無線LAN)でつないで無料の「おもいでばこ」アプリでデータを移せます。

image21

この場合は「おもいでばこ」のアプリをダウンロードして、iPhoneと「おもいでばこ」をWi-Fiでつなぎます。写真の転送はインターネットを経由しないので通信制限の心配はありません。おうちにWi-Fiルーターがなくても、「おもいでばこ」がWi-Fiスポットのようになる「おもいでばこスポット」という機能があるのでそちらで設定すれば大丈夫です。

IMG_1626

あとは、アプリを開いて左上のメニュー「写真を送る」から取り込みたい写真を選択して送るだけです。写真選択画面の左下のボタンで全部まとめて選択することも可能です。わからない方はスルーで良いのですが、「おもいでばこ」はiCloudに上がっている写真も先ほどのUSBメモリーとちがって保存できます(選択できない場合は、画面下の雲マークで設定を切り替えてください)。
※取り込んだ写真はテレビやiPhoneで見られます。iPhoneで見たいときは、テレビ画面上でiPhoneの登録が必要です(詳しくはマニュアルをご確認ください)。
※iCloudの写真ダウンロードはモバイル接続時の場合データ通信量を使用します。

image17

取り込んだ写真は、撮影日にあわせて自動で振り分けしてくれます。管理の手間もなくなってラクチン。

image19

ユーザーにやさしいなと思ったのが、写真の重複を防げること。写真を取り込むとき、すでに取り込んでいる写真以外を保存してくれます。

image14

iPhone用USBメモリーに移していっぱいになった写真の移動も簡単でした。USB端子とSDカードの端子が付いているので、USB端子にUSBメモリーをつなぎ、「おもいでばこ」の電源を入れて真ん中の「とりこみボタン」を押すだけで写真と動画をコピーしてくれました。

 

あなたに合ったアイテム選びで、シャッターチャンスも逃さずに

いかがでしたか? この2つのアイテムに出会ってから、私は外出先ではこのUSBメモリーに写真や動画を保存、家に帰ったら「おもいでばこ」に移すという使い方で活用しています。
iPhoneの保存容量のギガ不足に悩まずに、「シャッターチャンスを逃さない」「みんなで思い出を楽しめる」2つがいっぺんにかなってしまいました。

関連リンク

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

▼Lightning×USB3.0対応USBメモリー RUF3-ALシリーズ

Amazon:amazon.co.jp/dp/B01A836S54
製品情報: buffalo.jp/products/catalog/flash/ruf3-al/lp/

関連記事