RICOH THETAの全天球写真をテレビで楽しむ

全天球写真がテレビで楽しめる!

こんにちは、カメラマンの早川です。
先日「おもいでばこ」本体のソフトウェアがVer.1.30にアップデートし、360°全天球カメラ RICOH THETAで撮影した全天球写真を360°ぐるぐる回せるようになりました。

RICOH THETAをケーブルでつないでボタンを押すだけでとりこめる

デジカメやビデオカメラと同様、USBケーブルで接続してとりこみボタンを押せば、RICOH THETAで撮影した写真を「おもいでばこ」にとりこめます。もちろん、他の機器からとりこむ場合と同様、期間を指定してとりこむことも可能です。ちなみに動画もとりこまれますが、360°再生には対応していません。

img_01

スマホ・タブレットのおもいでばこアプリからもとりこめる

おもいでばこアプリもアップデートされました。今回のアップデートで、RICOH THETAからiPhoneやAndroidスマートフォンにとりこんだ全天球写真をおもいでばこアプリからとりこめるようになりました。手順はこんな感じです。

1.RICOH THETAで撮影した写真をスマホにとりこむ

RICOH THETAとスマホをWi-Fiで接続して、RICOH THETAの公式アプリを起動します。「カメラ」を選択し、「未転送」の写真からとりこみたい写真をタップします。タップすると、RICOH THETAからスマホへ写真がダウンロードされます。

img_02

2.スマホにとりこんだ全天球写真を「おもいでばこ」にとりこむ

「おもいでばこアプリ」を起動します。画面左上のメニュー(三本線のアイコン)をタップして、「写真を送る」を選択します。先ほどダウンロードした写真のあるアルバムを選んで、「おもいでばこ」にとりこみたい写真を選択し、画面右下の「次へ」をタップします。アルバムを選択して画面左上の「送信」をタップします。

img_03

全天球写真を見る

とりこんだ全天球写真から見たい写真に合わせてリモコンの「決定」を押します。

img_04

全天球写真全体が画面に表示されるので、リモコンの「決定」ボタンを2回押します。

img_05

あとはリモコンの上下左右を押すと選んだ方向にぐるぐる回ります。また、「決定」ボタンおよび右下の「+(プラス)」ボタン(緑色のボタン)で拡大表示、左下の「☆(星)」ボタン(黄色のボタン)で縮小表示ができます。

img_06

実際にテレビでぐるぐる回しているのを動画で撮影してみました。撮影した時の臨場感が、360°見られるのは、普通の写真では味わえない楽しさがありますね。

スマホ・タブレットのおもいでばこアプリでも全天球写真の360°再生が楽しめる

「おもいでばこ」にとりこんだ全天球写真は、テレビでの360°再生以外にスマホ・タブレットのおもいでばこアプリでも同じように360°再生が可能です。写真を見るときと同じように、「おもいでばこ」にとりこんだ全天球写真を選んで再生するだけです。操作も簡単で、画面をスワイプするとぐるぐる回転でき、ピッチで拡大・縮小できます。

テレビの画面いっぱいに表示されるスライドショーが迫力満点

今回のアップデートで、写真のきりかえ効果で「フルサイズ」という表示を選べるようになりました。今まで横写真でも縦写真でも、左右に黒く表示される部分があったのですが「フルサイズ」を選ぶと、写真を画面いっぱいに拡大して、上下左右+拡大・縮小を組み合わせてテレビの画面をフルに活かした迫力あるスライドショーを楽しめます。大画面テレビいっぱいに再生されるスライドショーは圧巻です。

まずはお試しもイイかも

実際にRICOH THETAを使ってみると、いつもの写真と違って、そのときの空間を切り取ったような写真の楽しみ方ができてとても新鮮でした。実際に自分で撮った写真で見てみると、Webで見られるサンプルとは全く醍醐味が違います。いきなりは手が出ないな・・という方も、おなじみの「DMMいろいろレンタル」でも借りられるので、まずは試してみようかな、と思われた方はレンタルで使ってみるのも間違いなくおすすめです。

関連リンク

▽「おもいでばこ」製品情報
omoidebako.jp

▽RICOH THETA製品情報
theta360.com/ja/

▽全天球写真がテレビでも楽しめる。 「おもいでばこ」が「RICOH THETA」に対応
buffalo.jp/news/2016/03/15_01/

▽Googleで「おもいでばこ」の価格や詳細を検索
goo.gl/i1mkz6

▽DMMいろいろレンタル
goo.gl/BrOUpd

このエントリーをはてなブックマークに追加