写真でレースの興奮を~「グッスマレーシング」ブースで「おもいでばこ」

「ガレージキットの祭典」と呼ばれるイベント「ワンダーフェスティバル(ワンフェス)」。ロボット・アニメ・ゲームはじめ幅広いジャンルのフィギュアや模型・造形物がこの日のために集まるということで、毎回数万人の動員を誇る催しです。

13835551_1197521600292360_911442809_o

2016年7月24日には「ワンダーフェスティバル2016[夏]」が開催。そんな中、今回も人だかりを作ったのが「ねんどろいど」など人気のフィギュアブランドを持つ「グッドスマイルカンパニー(グッスマ)」たちの構えるブースでした。

ブースではこれから販売予定のフィギュアや最新情報の公開などのメインの展示のほか、初音ミクの顔が目を引くグッスマのレーシングチーム「グッドスマイルレーシング(GSR)」のブース内ブースが設置。チームの出場するSUPER GTに関する話題を中心とした車体やアイテム、映像などが並んでいました。

今回は、ワンフェス2016夏の「グッドスマイルレーシング」ブースでのスライドショーに「おもいでばこ」をご活用いただけるということで、現場に伺ってまいりました。

大型テレビでパブリックビューイング&スライドショー

ブースに設置されていたのは、50インチのテレビ。今回の企画の中心となったのは、このテレビでSUPER GT第4戦SUGOのパブリックビューイングを開催し、みんなで応援しようというもの。

13835913_1197521153625738_863767132_o

しかし、レースの開始時間は14時から。それ以外の時間はせっかくの大画面表示が可能なテレビを持て余してしまいます。そのため、グッドスマイルレーシングの活動を時間外も深く知ってもらうために、過去の写真を活用したスライドショーを従来から実施していました。

パソコンでの運用に課題があり「おもいでばこ」でチャレンジ

従来のイベントでスライドショーの再生に使っていたのはパソコンでした。パソコンで再生したスライドショーを映像出力を経由して、テレビで表示していたというものです。しかし、いくらかの課題がありました。

映す写真を選んでからスライドを作成しておく必要があったり、上映中にWindowsアップデートが走り出すなど、準備や実施中にも様々な手間やトラブルが発生していたということです。今回「おもいでばこ」にトライするきっかけとなったのは、そういうトラブルも発生せず、安定してスライドショー専用機にできることを期待してのことでした。

スピーディーな運用が可能に

13843663_1197547223623131_1540505120_o

「おもいでばこ」はテレビで使用することが前提の機器のため、HDMIケーブルでテレビに接続するだけで、あとは再生したい写真や動画をとりこめばスライドショーが開始できます。写真や動画のとりこみは今回はSDカードを使用。デジカメなどから取り出したSDカードを本体に挿し込んでボタンをプッシュするだけで、基本的な準備ができたところが驚きだったと語ります。

スライドショーでは、今期の第1戦、第2戦のレースで撮影された公式カメラマンの写真を再生しました。たくさんの写真を見てもらいたいから、写真をパッパッと切り替えたい。これがスライドショーを再生している「おもいでばこ」の中にそのまま保存されているから、安定してスライドショーできるというのもご評価をいただけました。

その場で認知・露出強化が可能な差し込みスライドショー

さらに効果的なスライドショーを演出するため、応援に訪れたバッファローのスタッフの提案で「おもいでばこ」の差し込みスライドショー機能にチャレンジしました。

例えばレース中の写真とともにチームのブランドをより認知いただくためにGSRロゴを決まったタイミングでスライドショーに挿入。GSRロゴのデータはその場ですぐ持ち合わせがなかったのですが、ブースでGSRロゴを撮影してiPhoneで加工することで、スピーディーにスライドショーに取り込むことができました。これもPCレスで写真の取り込み、再生が可能な「おもいでばこ」ならではの運用といえます。また、GSRロゴのほか、GSRカップ(自転車レース)や、物販ブース裏であまり人目にふれていない初音ミクのイラスト写真なども、差し込み画像として追加し、テレビを使って露出の機会を増やすことを狙いました。

13844258_1197521213625732_1927475678_o

「運用中に変に割り込みがなく、イベントに心強い」

「これまでのこういうスライドショーの準備に比べると格段に楽に準備や運用ができた。SDカードを挿してボタンを押すだけで、準備ができるのは、スライドショーをパソコンで運用していたのと比べると、手間もかからないのと、運用中に変に割り込まれないのが、利用しやすい。動画にも対応しているので、クラッシュした車体のフレームから、新しい車体への部品の移植する様子のタイムラプス映像もテレビで流すことができた。こういうイベントでは、会場でWi-Fiが使い物にならなくなるけれど、おもいでばこは、SDカードでの取り込みやリモコンで全ての操作ができるので、その点でも心強い」

GSR担当の山田さんからは、現場のこれまでの経験がうかがえる嬉しいコメントをいただきました。

13835976_1197554693622384_1240257025_o

スライドショー専用機としての完成度と、現場での即応性・即時性を高く評価いただいた「おもいでばこ」。家庭とは場所を変えて、ファンとスタッフが一体となって盛り上げるスポーツの現場でも、コミュニケーションのつなぎ役としてお手伝いします。

使用機器

  • デジタルサイネージ:「おもいでばこ」PD-1000-F64B(64GBフラッシュストレージ搭載モデル)
  • 液晶テレビ:50V型、専用スタンドに設置

関連リンク

▼「おもいでばこ」デジタルサイネージセット Amazon 商品ページ
amazon.co.jp/o/ASIN/B01BW2S3BW/

▼「導入事例」このイベント私も参加したい!」スタッフとお客様を写真でつなぐ~「おもいでばこ」のあるお店
omoidebako.jp/blog/bokumo/

▼おもいでばこ ビジネス活用ページ
omoidebako.jp/corporate/

このエントリーをはてなブックマークに追加