パソコン

【簡単に探せる!】スマホやデジカメの写真データ保存方法

あのとき撮影した写真が見つからない・・・そういった経験はありませんか?

「おもいでばこ」開発担当の稲本です。写真を撮影するのって本当にお手軽ですよね。いつも持ち歩いているスマホをポケットから取り出してパシャっと撮るだけ。

特にカメラや旅行が趣味、という人でなくても、写真を撮りたいと思ったときに撮る、という習慣が自然に身についているのではないでしょうか。お出かけしたから記念に撮る、友達と遊んだから撮る、というように、何のストレスもなく気軽に撮り続けてきたかと思います。

撮影した写真の数が増えると、データとの付き合い方がかわる

でも、写真を撮れる枚数は無限ではありません。スマホでもデジカメでも、保存できる限界のデータ容量があります。容量については、限界がくる前に、データの保存方法については考えておきたいですよね。

また、容量が仮に余裕があったとしても、写真は日に日に増え続けるものですので、どう管理していけばよいのかが課題になっていきます。最初はアルバム整理なしでも目的の写真は探せたと思いますが、数が膨大になることでアルバム管理が次第にできなくなっていきます。

あなたは写真データをためやすいタイプ? チェックリスト

写真データが溢れて整理が難しい状況になっていたり、今は大丈夫でも将来写真をためてしまい困るタイプかどうかがわかるチェックリストを用意しました。以下のいずれか一つでも当てはまる方は、要注意です。

  • スマホの画面に「空き容量は残りわずかです」という表示が出てきた。写真を少し削除してしのいでいる。
  • スマホやデジカメに半年間以上、写真を撮り続けてきたがどこにもデータを移していない。
  • これまで意識的に写真の削除をしたことがない。
  • 家族や友達から写真がよく送られてくる。どれも大切な思い出だから消したくないと思っている。
  • パソコンを持っていない、もしくは家にあるけど使えない。
  • パソコンに写真データを保管しているが、外付けハードディスクを持っていない。
  • デジカメやAndroidスマホで写真を撮影しているが、SDカードを持っていない。
  • 写真の保存場所に困ったり迷った覚えがあるが、特に何も対策していない。

1つ以上該当する場合、写真データの保存方法について今一度考えてみましょう。

代表的な写真データの保存方法

それでは、写真データの保存場所と、保存の仕方についてご紹介します。代表的な3つの方法を挙げます。

①パソコンや外付けハードディスクに写真データを保存する

パソコンとハードディスク

パソコンのフォルダーに写真データを保存します。「マイピクチャ」の中にフォルダーを作り、そこに写真データを保存する人が多いのではないでしょうか。パソコンを普段から扱っている人にとっては簡単で、USBケーブルで機器をつなぎ、データをコピーすることで保存完了です。

フォルダー名を工夫してつけていくと、とあとから探しやすくなります。出かけた先の名前やイベント名、撮影した日付などを加えると良いでしょう。

一方で、パソコンの内蔵ハードディスクの容量は限られています。容量が埋まっていくのが気になる、という方は大容量の外付けハードディスクの利用を検討しましょう。外付けハードディスクは、パソコンのUSB端子を経由して写真を保存することで、たくさんのデータを残すことができます。大容量のため写真に限らず、動画データも大量に保存することができます。

②SDカードに写真データを保存する

SDカード

SDカードに写真データを保存します。機器に直接接続してデータ保存できるという点から、最も簡単な方法の一つです。

SDカードは撮影する機器によって形が異なります。デジカメをお使いの方はSDカード、Androidスマートフォンをお使いの方はmicroSDカードを使用する場合が多いと思います。ちなみにiPhoneはSDカードが挿せないのでこの方法は使えません。

SDカードで管理すると、写真を一つの場所に撮りためていくことになるので、イベントごとなどアルバム管理はしづらくなります。また、写真を見返すのにデジカメの小さな液晶画面で見なければならない等、不便に感じることが多いため、この方法で管理する人は少数派だと思います。

③クラウドに写真データを保存する

クラウド

インターネット上のストレージサービスに写真を保存します。主にスマホで撮影した写真データを保存することが多いと思います。

代表的なサービスとしてはiPhoneだとiCloud、AndroidだとGoogleフォトが挙げられます。

スマホは常にインターネットにつないでいる状態にできるので、いつでも写真をアップロード/ダウンロードできたり、友達と共有などが容易にできるという点が便利です。スマホが世の中に普及してから注目を浴びているクラウドですが、サービスによっては写真の保存容量や期間に制限があったり、アップロードすると写真の画質が劣化するなどの一部、自由に使えない面があります。

あのときの写真、すぐに探せますか?

よし、とりあえずスマホやデジカメの写真データをどこか別のところに移そう!と思い立った方。ちょっと待ってください。
写真をあとから見返すことを考えながらデータ保存をしないと、あとが大変です。

私の苦い経験をご紹介します。

  • しばらく使っていなかった外付けハードディスクに写真データを保存していたが、ラベルをつけておらずすっかり中身を忘れていて初期化してしまった
  • パソコンに写真を移すたびにフォルダーの名前をつけていたが途中で面倒になり、どこに何があるのかわからなくなってしまった
  • SDカードが家にたくさんあり、どこに何が入っているのかわからなくなった
  • 家族の記念写真をクラウドで共有したあと、内部容量を空けるために元データを削除したら、画質が劣化したものしか残らなくなってしまった
  • クラウドで共有した写真の保存期限がいつの間にか過ぎており、写真が見れなくなった

このように、紙のアルバムなら当たり前のように管理できていたことが、データ管理になるととたんに難しくなります。
そもそも思い出を残すために写真を撮るのに、見返す方法がわからなかったり、うっかり削除してしまうと本末転倒ですよね。

写真を探したい人は、自分だけではない

あとから写真を見たいと思うのは、あなただけではありません。あなたの友達がふと思い出しトークをしたときかもしれませんし、親や親戚と世間話をしたときかもしれません。せっかく会話に花が咲いたのに、思い出の写真が見つからなかったら切ない気持ちになりますよね。

パソコンや外付けハードディスクに写真データを入れていた場合にも困りごとは出てきます。パソコンはプライベートな領域ですから、あなた以外の家族から写真を見つけることはできません。家族写真についてはやはり紙のアルバムのように、家族の誰でも探せる場所にあるのがよいでしょう。

【簡単に探せる!】スマホやデジカメの写真データ保存方法

それでは、写真データはどのように保存するのがよいのでしょうか。

写真がいつも探せなくて困っている、もしくは将来困りそうだ、という方に向けておすすめしたいのが、「おもいでばこ」です。
「おもいでばこ」とは、写真データを整理することに特化したフォトアルバムと思って頂ければイメージしやすいかと思います。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

とりこんだ写真データはカレンダーやアルバムで仕分けられ、あとから写真を探しやすい形になります。それでは実際にとりこみを行い、保存した写真をみてみましょう。

デジカメやスマホの写真をUSBケーブル経由でとりこむ

0.USBでとりこみ

デジカメやスマホとUSBケーブルで接続すると、「おもいでばこ」の前面にあるボタンが白く光ります。このボタンを押すと、デジカメ内の写真がすべてとりこまれます。

ちなみにUSBケーブルを使わずに、SDカードを「おもいでばこ」に接続してとりこむこともできます。

スマホの写真をアプリ経由でとりこむ

アプリでとりこむ

スマホでよく写真撮影をする方は、iOS/Androidスマホ向けアプリ「おもいでばこ」の活用がおすすめです。「おもいでばこ」のスマホから写真データの送信ができるようになります。初期設定の方法は画面を通じて一つ一つ案内されるため簡単に済ますことができます。

とりこんだ写真データを探す

1.写真一覧 削除する写真を選択する

上記はとりこんだ写真を撮影日ごとに自動で振り分けられ、カレンダー単位で表示した例です。ほかにも記念日ごとにアルバムを分けることができます。

写真はお気に入りマークをつけたものだけ分ける、タイムライン形式でみるなど用途に応じて表示を切り替えることができるので、目的の写真がすぐに見つかります。

あなたの写真データ事情にあった保存方法を選択しよう

大切な写真データを残したいと考えたとき、大きい容量のメディアに移せば解決だと思いがちです。

ご家庭によってデータ事情はさまざまですが、基本的な考え方としてデータを残すときに「あとから写真が探せるだろうか?」と考えて都度保存場所を決めていくと、すっきり整理できるようになると思います。
そのときの保存場所の一つとして「おもいでばこ」があればうれしく思います。

「おもいでばこ」には上記で紹介した以外にも、写真を素早く快適に整理するための様々な工夫が詰め込まれています。詳細は下記のページにて案内されていますのでご覧ください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

撮りためた家族写真は自動整理でスマートな管理をしよう!

「おもいでばこ」開発担当の稲本です。
みなさんはパソコンに転送したあとの家族写真や動画は、どうやって管理していますか?

以前、家族写真をパソコンで管理している方向けに「家族写真をパソコンにしまうと悩まされる7つのこと」という記事を書かせていただき、マメに整理整頓ができる方でも管理する難しさがあるということをお伝えしました。

家族写真をパソコンにしまうと困ること

たとえば、以下のような悩みをお持ちではないでしょうか。

  • お出かけするたびに写真が数百枚増えてしまい、いちいちタイトルをつけてられない
  • スマートフォンの連射機能で撮影した写真で埋めつくされる
  • カメラの写真をパソコンに移す際に、前に移した写真を確認しないと同じ写真を移してしまうことがある
  • フォルダー名に撮影した日付を入れる際、いつ撮影したか思い出せない写真で手が止まる
  • 外付けハードディスクに写真をいれると、あとから何をいれたかわからなくなる
  • 本当に大切だと思う記念の写真が、大量の写真の中に埋もれてしまう
  • 動画をいれるとハードディスクの容量がすぐ埋まってしまう
  • 写真を持ち運びたいときにどうやってやればいいかわからない

しかしながら、大変とはいえ写真整理をまったくしなくなるわけにもいかず、どう管理すれば大量の写真の中から探したい写真を探せるようになるか、頭を悩ませるところだと思います。

保存フォルダー名に日付を入れたり、ファイル名に記念日のタイトルをつけたり、いろいろ工夫をしてみたことがあるのですが、ちょっとでも面倒くさがるととたんに整理できなくなるんですよね。

クラウド系写真アプリへの移行を検討するも、まだまだ課題あり

最近、クラウド系アプリと連携すると自動整理できたり簡単に持ち運べたりと話題ですよね。私もいろいろなアプリを試してみましたが、下記のようにストレスを感じる要因はまだまだあるように感じました。
・家族一人一人にアカウントを登録させないと写真の共有ができない
・スマートフォンの写真や動画をアップロードするたびに通信量が気になる
・記念として残しておきたかった写真がアップロード後に圧縮されてしまい、画質が悪くなってしまった

そうして悩んでいるうちに時がたつとスマートフォンの容量はどんどん圧迫してゆき、
いざ埋まってしまうと何をしても八方ふさがり・・・となりかねません。

パソコンレスの家族写真整理法

170218omoide_279

スマートフォン、クラウドなど技術が進化してきてもやはり写真整理にパソコンを切り離すことができないのが現状だと思います。そこで、パソコンのしがらみから解放される「おもいでばこ」を使ったおすすめの活用法をご紹介します。

「おもいでばこ」とは、写真と動画を整理するために特化した高性能コンピュータだと考えて頂ければイメージしやすいかと思います。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しく振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

パソコンにしまった写真や動画を移す

まずはパソコンにある写真を一気に「おもいでばこ」へ送るところから始まります。
外付けハードディスクをお持ちの場合はそこに写真を入れて、USBケーブルを「おもいでばこ」につなぎ転送すると一度の作業で移行が完了できます。外付けハードディスクをお持ちでない場合はパソコン向けアプリを活用してWi-Fi経由で転送も可能です。

写真の日付整理は自動で済ませる

2017030216413723

写真の日付分けは、自動整理で済ませることができて楽ちんです。写真にはEXIFという撮影日情報が付与されていますので、それをおもいでばこが認識して自動で振り分けてくれます。写真は日付ごとのカレンダーや記念日などで振り分けられるので、あとから簡単に探し出すことができます。

とりこみ済みで重複する写真は自動判定におまかせ

家族でおでかけした日は写真を撮影したカメラやスマートフォンをおもいでばこに接続しボタンひとつでとりこみが走ります。写真の重複チェックの機能があるので過去に撮影した写真を二重でとりこんでしまった、という事故がなくなります。専用のスマートフォンアプリを活用すれば、Wi-Fi経由で簡単に写真や動画をとりこむことができます。

保存場所は大容量の箱の中へ

「おもいでばこ」は写真・動画保存専用の大容量ハードディスク搭載で最大40万枚の写真や動画を保存できます。私はおもいでばこ1TBモデルを3年間愛用していますが、使用容量は10%未満でまだまだ余裕があります。1TBだと不安なら2TBモデルという選択肢はありますが、私の感覚では、1TBでも埋まりそうにありません。

大切な出来事はアルバムに、ベストショットはお気に入りに。

2017030216264726

そして、大量の写真の中に埋もれてしまっていた大切な写真は、まとめて整理することができます。「おもいでばこ」にはリモコンが付属しており、簡単な操作でお気に入りマークをつけたり、アルバムにいれたりできます。

とはいえ、すべての出来事をアルバム管理しだすと大変ですので、私の場合は旅行と家族記念日に撮影した写真だけアルバムにいれる、その中でのベストショットはお気に入りをつける、というような管理をしています。

こうして管理していくと、家族にあのときの写真をみせてほしい、と言われてもすぐに見せることができます。

お出かけ時はスマートフォンに写真をいれて持ち歩く

170218omoide_152

実家に帰省するときなど家から離れても人に写真を見せたいときは、スマートフォンアプリの「クリップ」という機能を活用します。「クリップ」はスマートフォン向けのサイズに写真を縮小し、手軽に簡単に持ち出すことができます。

このように、パソコンであきらめていたことができるようになるスマートなフォトボックス。お家にお迎えしてはいかがでしょうか。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

家族写真をパソコンにしまうと悩まされる7つのこと

「おもいでばこ」開発担当の稲本です。気付けばもう年末、家族写真を見返すいい機会ですね。

ところで、家族写真はいつもどこにしまっていますか?

私の周りの人たちに聞いてみると、パソコンにしまっているよと答える方が大半でした。

パソコンって、スマートフォンやカメラにUSBケーブルでつなぐだけで簡単に写真を転送できますよね。ほかにもWi-Fiやクラウド経由だったり、お好みに合わせたやり方で誰でも手軽にできるようになりました。写真をたくさん撮影される方は、内蔵ハードディスクだけでなく外付けハードディスクも活用するなどして、管理場所には工夫されているかと思います。

写真をしまうときは、パソコンからとりだすことをイメージしよう

それでは、次の質問です。

パソコンに転送したあとの写真はどのように整理されていますか?

保存フォルダー名に日付を入れる、ファイルに記念日のタイトルをつける、などなど・・・ちょっとでも面倒くさがると、とたんに整理できなくなりますよね。

ばっちりファイル名・フォルダー名で管理できてるよ!という方へお聞きします。

妻(夫)が撮影した写真を管理するにはどうすればよいでしょうか?

子どもから自分が映った写真をみたいと思ったときはどうすればよいでしょうか?

パソコンで写真を管理し始めると、こういった困りごとに悩まされます。

私は「おもいでばこ」の開発に関わり、お客様の声や家族、友人の写真事情を聞いてきた中で、同じ悩みをもつ人がたくさんいるのでは? という気付きがありました。そんな方に向けて、快適な写真整理を実現するためのヒントになればと思い記事を書きます。

それでは、よく聞く困りごとをご紹介いたします。

家族写真をパソコンにしまうと悩まされる7つのこと

①家族のスマートフォンで撮影した写真をまとめられない

写真を撮影するのはあなただけではありません。家族それぞれの視点で撮影した写真をみんなで眺めることで生まれる楽しさがあると思います。

しかしながら、スマートフォンで写真撮影が当たり前になったことで困りごとができてしまいました。それは、スマートフォンは個人のプライバシーの塊であるということです。

家族とはいえ、あなたの判断で勝手にスマートフォンのロックを外して写真を探すわけにはいきません。そのため、スマートフォンの持ち主から自主的に写真を共有してもらうしかないのですが、保管先であるパソコンも個人のプライバシーの塊のため共有が難しいのです。

②家族が写真にアクセスできない

昔撮影した写真がみたいと思っても、自分以外のパソコンに写真がしまわれていたら困りますよね。上述のとおり、パソコンは個人のプライバシーの塊なので勝手にロックを外すわけにはいきません。

外付けハードディスクに写真を保存している場合は自分のパソコンにつなげばいいように思いますが、自分で管理していないとどこに何の写真があるのか見つけられず無駄に時間を使ってしまいます。そもそもパソコンの操作がわからない家族からすれば、写真にアクセスする手段がまったくなくなってしまいます。

③パソコンを起動するとOSのアップデートがはじまりイライラ・・・

家族共有のパソコンに写真を保存している方からよく聞きく悩みごとです。たまに写真を見返したいと思い、久々にパソコンを開き起動ボタンを押してしばらく待機、ようやく起動したと思ったらWindowsのアップデートが自動的にはじまりパソコンがのろのろ・・・

せっかく写真を見ながら楽しい気分に浸ろうとしたのに、これでは台無しですよね。

④小さな画面で写真の上映会、見えにくい方がいるのでは

せっかくたくさんの写真を撮影したのだから、楽しく家族みんなで見たいですよね。

家族で一緒に写真をみたいと思った時、どこで上映会をされてますか?

デスクトップパソコンを置いている部屋だとみんな立ちながらみないといけませんので、リビングでノートパソコンを開きスライドショーを流すことになるかと思います。しかしながら、ノートパソコンの小さな画面をみんなで覗き込むことになってしまいますよね。もしかしたら、高齢の方には画面が見えにくく、負担になっているのかもしれません。

⑤iPhoneの写真が見れない

最近のiPhoneでは、写真の保存にこれまでのJPEGという形式の代わりに「HEIF」という形式に代わりました。HEIF形式ではパソコンで再生できないので後から見返したときに何の写真かわからず管理が煩雑になってしまいます。詳しくはこちらで解説しています。

おもいでばこブログ
「おもいでばこ」をご使用いただいているユーザー様に、従来のJPEG形式の写真と同様のおもいでばこ体験をHEIF形式の写真でも体験いただきたい! そんな想いを原動力に、おもいでばこチーム一同は、新フォ…

⑥パソコンの内蔵ハードディスクが満タンになると、写真の逃がし場所に困る

パソコンには写真・動画だけでなくさまざまなデータが保管されています。容量が埋まってくると、何か消そうか、外付けハードディスクにどうやって移そうか等、悩まなければなりません。外付けハードディスクにしまってしまうと、いざ写真を見返したいと思った時にどこに保存したか思い出せなくなる経験、一度はあるかと思います。

⑦子どもが写真を見れない

子どもの生き生きする姿を残したくて、多くの写真を撮影してきたかと思います。撮影したからには子供にも写真をみてもらいたいですよね。あなたから写真を見せてあげるのは簡単ですが、逆に子供のほうから自分だけで写真を見るとなると、とたんに難しくなります。

印刷した写真なら棚からアルバムを取り出せば済む話ですが、データで見たいとなると機器の操作ができないといけません。そのため、パソコンに写真がある状態だと実質無理になると思います。

以上のことを踏まえ、家族写真は誰がどのように見るものでどう管理すべきか改めて考えてみてはいかがでしょうか。

家族写真整理のお悩み解決のためのヒント

共有用のパソコンを用意できる場合はそのほうがよいですし、パソコンの使い方を親などに教えて使えるようになればきっと喜ばれるでしょう。

写真を保管している外付けハードディスクにラベルを貼り、中に何が入っているのか見えるようにするのも大切ですね。写真をデータのまましまっておかず、こまめに写真を印刷してアルバム管理するのもよいと思います。

写真整理が大切なのはわかったけど、やっぱりめんどくさいなあ・・・と思った方へ。私たちがおすすめできるものとして作っているのが「おもいでばこ」です。

写真をアルバムに貼り、折に触れて誰かと楽しくおもいでばこ 家族にいちばんの写真の残し方振り返る。そんな時間をデジタル写真・動画でも。暮らしの中心に写真が集まる「おもいでばこ」で、新しいフォトライフがはじまります。

「おもいでばこ」とは、写真と動画を整理するために特化した高性能コンピュータです。パソコン管理における写真整理の悩みについては「おもいでばこ」の活用で解決したく、開発を進めてきました。

パソコンで整理している方に「おもいでばこ」をすすめたい点とその理由

170218omoide_279

「おもいでばこ」のユーザーでもある私は、パソコンで家族写真を管理することはなくなりました。以下のような理由でパソコンに頼る必要がなくなったためです。

  • スマホアプリ対応で家族が手軽に写真をしまえる
  • 画面がロックされたり、プライベートなデータをうっかり触ってしまうことはないので気軽に触れる
  • 写真と動画に特化しているから電源を入れたあとの起動が早く、写真を見たいときにすぐ見れる
  • テレビに映せるから大画面で上映会が楽しめる
  • 最近のiPhoneで撮影した写真(HEIF形式)のとりこみ、表示ができる
  • 写真と動画専用の保管箱だから容量をいっぱいにつかえる
  • リモコン操作で子どもでも簡単に操作できる

きっと写真管理が難しいなと思う理由は、プライベートな写真を置く場所と、家族写真を置く場所が一緒になってしまっているからだと思います。写真の種類によってどこに保存するか明確にわけることで、管理をすっきりさせることができます。

年末は、家族写真を見返すいい機会です。今一度、大切な家族写真の在り方について考えてみてはいかがでしょうか。その在り方の中に、「おもいでばこ」の存在があれば、開発担当としてうれしく思います。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

今年の年末はお部屋の大掃除にプラスして「デジタル大掃除」がおすすめ! ―新しい大掃除、デジタル大掃除とは?

あっという間に12月も後半。年末の冬休みは家族総出で大掃除をする予定の方は、私の家だけではないはず・・・。この一年の締めくくりの年末大掃除、今年はお部屋の大掃除だけでなく“デジタル大掃除”も一緒にしませんか?

 

デジタル大掃除ってなに?

デジタル大掃除は、パソコンやスマホをはじめとしたデジタル機器に入っているデータを整理することを指します。仕事で使ったデータや日常で撮影したたくさんの写真の整理はもちろん、さまざまなデータを整理することがデジタル大掃除です。メールで届いても読めずにたまっていくメルマガの整理なんかも、デジタル大掃除に当てはまります。日々さまざまなデジタル機器に触れて生活をしているいま、お部屋の大掃除にプラスしてデジタル大掃除をすると、さらにスッキリできますよ。

 

なぜ年末にするといいの?

お部屋だけでなく、デジタルの大掃除。簡単にできそうにみえて、なかなか後回しにしてしまっていませんか。日々忙しく時間がとれないからこそ、年末のお部屋の大掃除と一緒にやってしまうことで、スッキリと新しい年が迎えられます。ほかにも年末にやることでこの一年を振り返ることもできます。
新年ピカピカになったお部屋で家族や親戚と集まったときに、整理した写真をみんなで見ることで話のネタにもなりますし、お子さんの成長の証を見せることができるのもうれしいポイントです。今回はおすすめのデジタル大掃除の方法についてご紹介します。

 

スマホのなかもすっきり大掃除

私たちの生活になくてはならないスマートフォン。日々さまざまな魅力的なさまざまなアプリがリリースされているほか、音楽をダウンロードしたり、写真もたくさん撮ったりすることで、あっというまに容量がいっぱいで困っている・・・というお悩みもよく聞きます。
ダウンロードしたのに使っていないアプリが眠っていないか確認してみてください。なかなか聴かない音楽をダウンロードしていることでも容量を圧迫する原因に。気になるものは思いきって削除してみることで、容量のお悩みからは開放されますよ。
たくさん撮った写真は、そのまま「おもいでばこ」に保存して、本体からは削除するのが簡単な方法です。

 

なかなか後回しにしがちなパソコンまわりのデータも

デジタル大掃除_3

日々お仕事をされている方の悩みのひとつとして、パソコンの中のデータを整理できていないことがあります。デスクトップもいつのものか分からないデータでいっぱい・・なんてこともあるでしょう。「いつかやろう」で眠っているデータの整理を年末のいまやることで、年始からはすっきり軽くなったパソコンでさくさく仕事が始められます。そのほかにも最近触っていなかったUSBメモリーやハードディスク内のデータについてもこれを機にチェックしてみることをおすすめします。「もう残しておいてもな・・」というデータは削除し、空いたUSBメモリーやハードディスクは他のデータの整理に活用しましょう。反対に久しぶりに接続してみたハードディスクの中身が全部消えていた・・・というときは、データ復旧サービスで中のデータを取り戻すことができるかもしれません。

undefined
家族の思い出の写真や動画、重要なビジネスデータ。 人それぞれの大切なデータをなくさないためには 保存する機器の特徴や正しい使い方を知ることが第一歩。 安全な使用とサービスの活用で、データはずっと残し…

 

今年を振り返りながら写真データの大掃除

「インスタ映え」が流行語にもなった今年。今までに増して写真をたくさん撮られたのではないでしょうか。撮ったはいいもののなかなか整理できないのが悩ましいですよね。また、デジカメや一眼、スマホ、さまざまなガジェットで撮った写真も集約せずそのままになりがち・・。ばらばらのまま残しておいては、せっかく撮った写真もみる機会が減りもったいないことに。撮った写真は「おもいでばこ」に集めて、簡単にデジタル大掃除をしましょう。

【STEP1】
撮った写真を集めてみる
ご家族分のスマホに一眼、デジカメ、ビデオカメラなど、今年使ったガジェットを集めてみましょう。
注意ポイント:ここで思わず、写真と一緒におもいでを振り返りたくなってしまいますが、時間をかけてしまうとあっという間に時間が経ってしまうので、まずは集めるだけ!簡単ですね。

【STEP2】
おもいでばこに写真をイン!
img_02
ひとまず「おもいでばこ」にデータを入れてみましょう。「おもいでばこ」なら約40万の写真や動画(2TBモデルの場合、16GBのスマホ約100台超分)を保存できるので安心して写真を取り込むことができます。撮影日をベースに整理してくれるほか、重複している写真は取り込まないので、あとから削除する必要もありません。

たったの2ステップで写真整理完了です。
整理完了したら、テレビにつないでスライドショーで一年間を振り返ってみましょう。しぼり込み機能を使って、今年のお気に入り写真だけでのスライドショーもおすすめです。年末年始のご家族が集まるときまでに整理した写真をアルバムにして、離れている家族にプレゼントをすることもできます。お子さんの成長の記録がつまったおみやげは喜ばれること間違いなしです。

スマホやデジカメの中に格納されて散らかりがあまり目につかない写真やデータは、家の掃除と比べると整理がどうしても後回しになりがちですが、年末のこの時期だからこそ、家もデジタルのデータも整理して、気持ち良く2018年を迎えましょう!

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

Macから「おもいでばこ」へ自由にアクセス

本日Mac用のおもいでばこアプリVer2.0が公開されました。Macユーザーの方の写真生活が少し捗るアップデートです。今回は最新のアプリをMacBook Air(Early 2015)で試してみました。

Windowsパソコンをお使いの方へ

(2018年3月20日追記)
Windows向けアプリをリリースしました。詳細はこちら。

Macで「おもいでばこ」の写真や動画を扱う

「おもいでばこ」の中身を観られるモノはテレビ(モニター)とスマホ・タブレット(=「おもいでばこ」アプリ)だけでしたが、Macからも観られるようになりました。
※これまでは、Macから「おもいでばこ」に写真や動画を送ることのみできました。

「おもいでばこ」に集まった、家族のiPhoneやAndroidスマートフォン、ニンテンドー3DSなどのカメラ機能付きゲーム機、ビデオカメラなど、あらゆる機器で撮影した写真や動画、これまで自分がMacに保存していた写真と動画が、まとめてMacで扱えるということです。
img_04

使い慣れたiPhoneアプリのような表示と操作感

Mac用アプリの画面は、基本はiOS用アプリの使い勝手を踏襲しつつ、Macの広いデスクトップ画面を活かしてさらに快適に仕上げたものになっています。

上部バーで選択したタブの写真や動画が、画面の大部分を占めるメインエリアに一覧として表示されます。タブは、テレビで観る「おもいでばこ」と同じく「最近とりこんだもの/カレンダー(月/日)/お気に入り/アルバム」の4種類。
img_01
また画面左側にあるカレンダーの日付(もしくは月)を選択すると、メインエリアにその日の写真と動画が一覧表示されます。

メインエリアをフリックすれば、前の月(日)/次の月(日)に移動できます。Macの使い勝手に忠実な設計です。
flick
ちなみに左側のカレンダーのエリアでもフリック操作が可能です。

一覧表示中のサムネイルをダブルクリックすれば、大きなプレビュー画面に切り替わります。
img_02

動画もアプリ内でそのまま再生できます。他のアプリを使わず一画面で「写真と動画を探す→見る」が完結するのは、iPhoneの写真アプリ(カメラロール)を見ているような感覚に近く、快適です。
img_03

上の写真のブランコに乗っている女の子の左上の矢印2つのボタンを押すと全画面表示もできます。
fullscreen

「おもいでばこ」の写真やアルバムの管理・編集にもベストなMac

今までは、テレビ・スマホ・タブレットでしかできなかった「おもいでばこ」の写真・動画の管理・編集もできるようになりました。
写真を右クリックすると表示されるメニューから「アルバムに追加」「お気に入りに追加」「撮影日変更」「コメント編集」なども行えます。
img_09

もちろんMacで編集した内容(お気に入りやアルバム)は、「おもいでばこ」をテレビやスマホで観るときも反映されています。

「コメント編集」も他の機器と同様に可能。やっぱり文字入力はパソコンのキーボードが快適です。
img_10

アプリの使い勝手は直感的

スピーディー

MacBook Airに「おもいでばこ」の写真や動画がまるごと入っているかのように遅延なく操作できるのは印象的でした。
アプリの出来が結構良いのと、クラウドではなくて同じWi-Fiネットワーク内の「おもいでばこ」にデータがあることが快適なスピードの要因です。
写真のロードのために画面の前で待たされず、ストレスなしに、次から次と見たい写真が見れて、思いついたコトができます。

ドラッグ&ドロップで写真を扱える

MacのFinderでファイルを扱うのと同じ感覚でアプリが動きます。

①ドラッグ&ドロップで写真をMacにコピー

「おもいでばこ」に保存された写真や動画を、選択してドラッグ&ドロップでMacのデスクトップや任意のフォルダーにコピーできます。
DDで保存

②ドラッグ&ドロップで写真を「おもいでばこ」にとりこみ

Macで編集・保存した写真や動画をMacのFinderやデスクトップからドラッグ&ドロップで「おもいでばこ」にとりこめます。
torikomi
※「準備」としているのは、ドラッグ&ドロップだけでは「とりこみ」ではなく次の画面で「送信」ボタンを押すととりこまれるためです。
※Macの写真アプリ(標準アプリ)からとりこみには一度とりこみたい写真をデスクトップやフォルダーにコピーする必要があります。

Macの容量不足の対策にも

使用中のMacBook AirはSSDが128GBのモデルで、写真や動画を貯めこみはじめるとすぐに容量不足になってしまいます。
ドラッグ&ドロップで手軽にとりこめるので、Macに保存していた写真や動画をごそっと「おもいでばこ」にとりこんで、Macからは消してしまえば容量不足対策にもなりそうです。

他にもこんな使い方

ここまで登場した「単純に観る」「写真を整理する」「Macの写真・動画専用外部ストレージとして使う」以外にもMacにコピー&とりこみがドラッグ&ドロップで簡単にできることを活かしてこんな使い方もできるかもしれません。

「おもいでばこ」の写真をブログやSNS用にMacで編集

ブログやSNSに投稿したい「おもいでばこ」の中の写真を編集したいときも、Macなら思いのままに編集できます。「おもいでばこ」に保存したオリジナルの写真はそのままで、コピーしたファイルを編集できるので安心です。
今までは、「おもいでばこ」からMacへのとりこみが手間で、なかなかブログの素材にしにくかった家族がそれぞれの持ち物で撮った写真をブログに使うなんて使い方もできるようになりました。しかもカレンダー表示やアルバム表示で整理されているおかげで、家族が撮った膨大な写真データの中から目的のモノを探せるのは醍醐味です。
img_06

Macでもっとハイレベルに動画を編集、家族と楽しむ

ビデオカメラやSDカードからそのまま「おもいでばこ」にとりこんだ動画を、Macにコピーすれば凝った編集も可能です。
iOS用の動画編集アプリより、高機能なMac用の動画編集アプリで動画の要らない部分をカットしたり、複数の動画をまとめてひとつの動画にしたりして作った動画を「おもいでばこ」にとりこめば、その動画をiPhoneやテレビなどで上映して家族に見せることもできます。
img_07

これからの進化も楽しみ

テレビ・スマホ・タブレットの周辺機器として育ってきた「おもいでばこ」。

今回のアップデートで、「おもいでばこ」とMacを、Macが中心となって行き来できるようになりました。

今までも「おもいでばこ」は「家族の写真を集めて見返し振り返るためのデバイス」、「スマホの容量不足を解消するためのデバイス」などいろんな見方ができましたが、今回「Macのお供」という新たな顔も見えてきました。
家族の写真が、自分のMacで取り扱えるようになったことも嬉しいポイント。

個人的な印象で、手前味噌ですが、「おもいでばこ」一台で写真・動画を扱う機器をこれだけカバーしてくれるのはすごい!
どこまで進化してくれるのか楽しみです。

▽Mac用おもいでばこアプリ(無料)のダウンロード
goo.gl/aux3NY

関連リンク

iPhoneの動画を保存する方法についてはこちらをご覧ください。

4K解像度の動画を保存する方法についてはこちらをご覧ください。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル