iPhoneの容量が足りない!たまった写真をパソコンなしでなんとかする方法

ご案内:iCloudフォトライブラリを使用している方は別記事をチェック

iPhoneの「写真とカメラ」設定でiCloudフォトライブラリをオンにして「iPhoneのストレージを最適化」設定にした方は、この記事で紹介するUSBメモリーでの取り込みを利用できません。下記に新しい方法をアップしているので記事をお試しください。

iPhone内のデータが散らかってしまっているライターの鈴木です。

さて写真を撮ろう!アプリをダウンロードしよう!というとき、みなさんはiPhoneで「ストレージの空き領域がありません」と言われたことはありますか?

写真と動画で容量がかなり圧迫されていた私のiPhone。OSアップデートのたびに容量不足問題が発生し、ポチポチ不要な写真やアプリを消す始末……。ついにはOSアップデート通知から目をそらす事態にまで……。

自分なりに分析してみたら、以下の3つが原因だと判明しました。

  1. データを移すためだけにパソコンを立ち上げるのが面倒だった。
  2. iCloudなどのクラウドサービスにデータを移行するのもやはり面倒。
  3. そうやってデータ移行作業を後回しにしていたら、iPhoneの容量がいっぱいになってしまった。

今回の記事は、そんなiPhoneの写真の悩みをパソコン・クラウドレスで解決できそうな2つのアイテムを知ったのがきっかけ。組み合わせたらいい感じなのでは!?と思い、実際に試してみました。

今回使用したアイテム

デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

Amazon: 1TBモデル 2TBモデル
バッファローダイレクト: 1TBモデル 2TBモデル
※2017/8/8更新:販売中の最新モデルにリンクを変更

Lightning×USB3.0対応USBメモリー RUF3-ALシリーズ

Amazon:amazon.co.jp/dp/B01A836S54
※Andoroidスマートフォンでは、microUSB搭載のUSBメモリーで同様のご利用が可能です。
microUSB搭載 スマホ・タブレット用USBメモリー RUF3-SMAシリーズ
Amazon:amazon.co.jp/dp/B00HWJDSGU

iPhoneに直接つなげるUSBメモリーで、どこでも容量不足を解決

ご注意:iCloudフォトライブラリを使用している方は別記事をチェック

iPhoneの「写真とカメラ」設定でiCloudフォトライブラリをオンにして「iPhoneのストレージを最適化」設定にした方は、この記事で紹介するUSBメモリーでの取り込みを利用できません。下記に新しい方法をアップしているので記事をお試しください。

image3
1つめが、プライベートと仕事の両方で活躍し、もはや日常のお供になっている「Lightningコネクター対応 USBメモリー」。image4
名前のとおり片側がLightning端子、もう片方がUSB端子になっています。これならパソコンからUSBメモリーにデータを移すのと同じ手軽さで、データが保存できます。しかもApple認証製品なので、接続して読み込まれないということもなし。
image5
iPhoneに装着し、アプリの画面に沿って操作するだけの手軽さも◎。
image6
初めてiPhoneに接続したときは、自動で無料の専用アプリ「File Manager for RUF2-AL」のダウンロード画面が起動します。そのままインストールしましょう。

アプリを起動したら、iPhone内の全写真データのバックアップをしてみます。画面にしたがって数タップで写真データがすべてUSBメモリーに保存されました。image7
約2,500枚の写真を移すのに5分かからないハイスピードも使い勝手のよさ。時間が経って、iPhoneのバックライトがオフになっても、裏でアプリは動いてくれているので、「部屋の片付けをしているうちにアップ完了」という“ながら”使いができちゃいます。もちろん、移行したい写真だけを選んで移すこともできますよ。

データの保存以外に使えるポイント3つ

バックアップの手軽さ以外におすすめのポイントが3つあります。

1.iPhoneの保存容量がなくても写真を撮れること。iPhoneにUSBメモリーを挿したまま撮ると、写真をそのままUSBメモリーに保存できます。

image8
アプリを起動し、中央のカメラマークをタップし、起動したカメラで写真を撮るだけ。iPhoneの容量不足で写真が撮れない人には、まさに救世主的存在です!

2.万が一USBメモリーを落としてしまったときのために、写真を開けないようにロックがかけられること。

image9
ファイル一覧でロックしたいファイルを横にスワイプするとロックできます。ロックをかけた写真はサムネイルがカギのマークに代わるので、一覧を開いたときにもどんな写真なのかわかりません。
image10
画像を開くときは、iPhoneの指紋センサー「Touch ID」で簡単解除。この機能のおかげで、仕事にも安心して使えます!

3.USBメモリーに保存したデータをiPhoneに入れてあるほかのアプリへ書き出せること。

image11

メールで送ることやFacebookやInstagramといったSNSへのアップも可能。DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスへ転送することも可能です。

私がよく使うのは、LINEのグループトークへの共有。イベントがあるとつい写真を撮りすぎてしまうのですが、このUSBメモリーがあれば容量を気にせず撮れるし、共有機能でLINEのグループトークにあげることもできます。

パソコンでUSBメモリーからデータを書き出す作業が不要なので、盛り上がった雰囲気のなかで送れるのはかなり便利です! 動画データも保存できるので、大容量になりがちな動画も安心して録れますよ。

他に、すばらしい配慮だなと思ったのが、キャップ部分。USB側もLightning側も本体一体型のラバーキャップというすぐれもの設計なんです。

image12

使うときはラバーを倒せばいいし、バッグにしまうときはラバーを起こして端子の傷も防げる。一体型なので、キャップをなくす心配もありません。ちなみにLightning端子の根本に余裕があるので、iPhoneカバーを付けたままでも挿せました。

USBメモリーに入れた写真は、「おもいでばこ」一台にまとめる

image13

2つめのデータ管理アイテムは、「おもいでばこ」です。ひと言でいうと、パソコンなしで使える、写真・動画専用のハードディスク+アルバムアプリ。1TBと2TBのモデルがあり、写真を管理するには十分な容量を備えています。HDMI端子でテレビにつなげば、写真をテレビの大画面で見られたり、Wi-Fiにつなげばスマホやタブレットで見られます。

image14

肝心のデータの移行もとっても簡単でした。

USB端子とSDカードの読み取りリーダーが付いているので、電源をオンにした「おもいでばこ」のUSB端子に、Lightningコネクター対応 USBメモリーをつなぎ、「とりこみボタン」を押したら、写真と動画を「おもいでばこ」に自動でコピーしてくれました。

image15

ボタンひとつで、写真や動画をすべて見つけて取り込んでくれるので、どの写真を送るか選んだり、保存先を選択したりといった面倒な作業がいらないのも毎日気軽に使える理由です。

image16

USBメモリーに移していない写真は、iPhoneと「おもいでばこ」をケーブルでつなぐか、専用の「おもいでばこ」アプリを使うと、iPhoneから直接写真を移すこともできます!

image17

取り込んだ写真は、撮影日にあわせて自動で振り分けしてくれます。管理の手間もなくなってラクチン。

image18

カレンダーからお気に入りの写真だけを選んだアルバムも作れちゃいます。

image19

他にもユーザーにやさしいシステムだなと思ったのが、写真の重複を防げること。写真を取り込むとき、すでに取り込んでいる写真以外を保存してくれるので、書き込む時間も少なくて済むし、「おもいでばこ」を開いたときに同じ写真だらけなんてことも避けられます。

「おもいでばこ」アプリなら取り込みたい写真だけを取り込める

image20

とはいえ、連写で撮った写真など、すべてを保存しておく必要はない、むしろ保存してしまうとあとで似たような写真ばかりになり、管理が面倒な場合もあります。そんなときは、「おもいでばこ」アプリを使って、Wi-Fiでデータを移せば、取り込む写真を選べます。

image21

 

この場合もデータの移行は簡単。「おもいでばこ」のアプリをダウンロードして、iPhoneと「おもいでばこ」をWi-Fiや無線LANでつなぎます。おうちにWi-Fiルーターがなくても、「おもいでばこ」がWi-Fiスポットのようになってくれる「おもいでばこスポット」という機能も搭載されています。

image22

あとは、アプリ上で「おもいでばこ」にアクセスして、メニューの「写真を送る」から取り込みたい写真を選択して送るだけです。
※取り込んだ写真をiPhoneからも見たいときは、テレビ画面をつけてiPhoneの登録が必要です。

いかがでしたか? この2つのアイテムに出会ってから、外出先ではこのUSBメモリーに写真や動画を保存、家に帰ったら「おもいでばこ」に移すという使い方が便利だなと気づいたので、かなり活用しています。

「そのときしかないシャッターチャンスを逃さない」「iPhoneのデータを圧迫しない」「みんなで思い出を楽しめる」この3つをかなえる方法として大変便利なコンビネーションができました。

関連リンク

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル
バッファローダイレクト: 1TBモデル 2TBモデル
※2017/8/8更新:販売中の最新モデルにリンクを変更

▼Lightning×USB3.0対応USBメモリー RUF3-ALシリーズ
Amazon:amazon.co.jp/dp/B01A836S54
製品情報: buffalo.jp/products/catalog/flash/ruf3-al/lp/

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加