卒園・卒業の時期到来!思い出をしっかり保存して家族で見返す写真整理のテクニック

卒園・卒業の時期到来!思い出をしっかり保存して家族で見返す写真整理のテクニック

3月も中旬をむかえ、春の訪れとともに今年度も残すところ僅かとなってきました。お子さんのいらっしゃる家庭では卒園式、卒業式を控えている方も多いのではないでしょうか。卒園式、卒業式を迎える方、親御さんのみなさま、おめでとうございます!お子さんが幼稚園や学校に通いはじめてからさまざまなことがあったかと思います。お子さんにとって楽しかったことや大変だったことも時間が経てば、成長の軌跡として、よい思い出になるはずです。
せっかくのこの機会に、卒園式や卒業式の写真はもちろん、いろいろな思い出のつまったアイテムも写真に残しておき、時間が経ったときにお子さんとの思い出を振り返れるよう、写真や思い出の品を整理してみてはいかがでしょうか。

今回は、お子さんの思い出を残す写真整理のテクニックとポイントを紹介します。ポイントは2つ、「なにげない写真」と「振り返り」です!

 

かさばる思い出の品々も写真にして残しておこう!

昨年、「おもいでばこブログ」では、お子さんの作品なども写真に残しておく方法も紹介しましたが、今年はもう一歩踏み込み、なにげないものも写真に撮って残してみるのはいかがでしょうか。

▼昨年の記事はこちらから
https://omoidebako.jp/blog/graduation/

みなさんも大掃除をするときには、昔身に着けていた洋服や、一世代前の家電製品など、久しぶりに発見すると、当時の思い出がよみがえり、ついつい手がとまってしまうこともあるのではないでしょうか。普段はなかなか気にかけることのないものこそ大事な思い出がつまっているものです。とはいえ収納スペースにも限りがあるので、思い出の品々をすべて保管しておくことは難しいですよね。そんなときは写真に撮って整理してみてはいかがでしょうか。

残しておくのにおすすめなのは、部活動の道具や通学カバンなどお子さんが毎日つかっているアイテムです。毎日使っているものこそ一緒に過ごしたエピソードがいろいろあるものです。汗の染み込んだ野球帽や、長期休みの前日に、荷物をすべて持ち帰るため、カバンに入りきらないくらい荷物を詰めたことなど、時が経つと忘れてしまうようなささいな出来事が詰まっています。実物は保管が難しくても、写真ならばかさばる心配もなく、残しておくことができますね。

おすすめの撮影方法は、アイテム単体の写真もよいですが、使っているシーンも合わせて写真に収めることです。写真を手軽に撮ることのできる時代ですので、なにげないシーンを収めて、当時のことがよりリアルに思い出せる写真を残しておきましょう。残し方のコツは、下記の記事も参考にしてみてください。

▼我が家にも取り入れたくなる!「おもいでばこ」広報小粥家の写真整理術
https://omoidebako.jp/blog/photoseiri-talksession/

 

写真は一つにまとめて整理しよう!

写真を撮るのが手軽になった反面、カメラからご家庭に何台もあるスマートフォンなど、写真はバラバラに保存されていて、写真のありかが分かりにくくなってしまいがちです。せっかくお子さんの思い出を撮影しても、写真の保存場所がバラバラでは、家族で見返すのが億劫になってしまうことも。思い出のつまった作品や、普段使っている身近なものを写真に収めた後は、いつでも振り返ることができるように、一ヵ所にまとめて整理しましょう。

一度の旅行や学校の行事などであれば、その都度スマートフォンで共有して見返すことができますが、入学から卒業までとなれば、スマートフォンの機種変更から新しいカメラの購入など、撮影するデバイスも変わり、保存の形式もさまざまです。家族全員が振り返れるようにするためには、みんなが手軽に使えるものがよいですよね。

整理方法もパソコンやクラウド管理などがありますが、家族全員で使うのであれば、「おもいでばこ」を使った整理方法も参考にしてみてください。「おもいでばこ」であれば、ファイル形式を気にすることなく写真を取り込むことができるので、手軽に写真整理ができます。また昨年度には写真データをWindowsのパソコンからより簡単に引っ越しができるアプリも追加されましたのでパソコンからの移行も簡単です。

 

写真をきっかけに家族でコミュニケーションをとろう!

家族で上手に写真が共有できるようになると、ご家庭のコミュニケーションにも一役買うことができます。

お子さんが小さいころは、学校での出来事などの、日常での話をする一家団欒の時間もあったかと思います。しかし、お子さんが高校生、大学生と成長していく中で、外で過ごす時間が増えていくと、自然と会話をする機会が少なくなってきます。一度会話が減ると、お子さんも親御さんもお互いが普段どんな日常を送っているかが分からなくなり、ますます会話をするきっかけが掴みにくくしまうこともありますよね。
そんなとき、写真が整理されていると、それをきっかけに会話が弾むことがあります。写真には撮影したときのなにげないエピソードが詰まっています。撮影した本人にとってはなんてことはない写真も他人からするととても興味深いものです。みなさんもSNSで他人の投稿した画像を見て、いろいろな質問が浮かんでくることがあるのではないでしょうか。家族の写真も同じです。卒業や1年間を締めくくる今だからこそ、写真をきっかけにエピソードを聞いてみるなど、コミュニケーションをとってみるのもおすすめです。

 

写真で卒業までの振り返り会をしてみよう!

写真整理が終わり、いろいろな思い出をひとつに集めたら、家族みんなで写真の振り返り会をしてみるのもおすすめです。
「おもいでばこ」をテレビやプロジェクターにつないで、入学からの思い出を振り返ってみましょう!「おもいでばこ」であれば、そのままスライドショーで写真を映し出すこともできますし、ファイル形式のことなるデータも
まとめて日付ごとに整理してくれるので、準備の手間はかかりません。
毎日接していると実感が少ないものですが、お子さんの成長はとても早く、卒業するまでには見違えるほどの変化があったはずです。日々の変化を家族全員で見返すことで、感慨深いものになり、また一つ大切な思い出が増えること間違いなしです。

忙しいと後回しにしてしまいがちな写真整理ですが、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。「おもいでばこ」であれば誰でも手軽に写真整理できます。思い出をしっかり振り返れるようにすることで、お子さんの新しい門出も気持ちよく迎えられるはずです。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」