「iCloudストレージがいっぱいです」を「おもいでばこ」で解決してみる

ご案内:最新記事をご確認ください
iPhone「写真とカメラ」設定が「iPhoneのストレージを最適化」の方も対象の記事はこちら


本記事をざっくり言うと

  • 「iCloudストレージがいっぱいです」の原因の多くが写真
  • 「iCloudフォトライブラリ」にバックアップを取らない設定にすれば「いっぱい」を防げるが、iCloud以外に写真を保存する場所が必要になる
  • パソコンなしでなんとかしたい場合は、テレビの横に置いて使う「おもいでばこ」があれば写真が保存できる。

170218omoide_283「おもいでばこ」って何?ブログ記事はこちら
「おもいでばこ」の購入はこちら

 

 


iPhone「iCloudストレージがいっぱいです」

iPhoneを使用しているとこんなメッセージによく出くわします。「iCloudの容量がパンパンでもう何も保存できませんよ」「バックアップもできませんよ」という主旨のメッセージです。

アラート

iPhoneユーザーならみんなが平等に無料でもらえる「iCloudストレージ」。iCloudとはiPhoneに保存されたデータをインターネット上にも保存できるApple社のストレージサービスです。

利用できる容量は「5GB」ですが、それが使い切られてしまうと、こんなメッセージが現れはじめます。

原因はズバリ「写真」

iCloudの容量をたくさん消費しているのは、多くの場合「写真」。iPhoneはカメラとして見ても、手軽だしキレイに写るし、ついつい撮りすぎてしまいます。「iCloudストレージがいっぱいです」と言われたからといって撮ることをやめられたらいいのですが・・・

どうしたらいいのでしょう( ´•౪•`)!?

この問題の解決策は2つあります

解決策①:iCloudの有料プランにアップグレード

「郷に入りては郷に従え」ということで一番シンプルなのは、アラートに付随してくる「ストレージをアップグレード」をタップしてiCloudの容量を5GBより大きなサイズに拡大することです。

IMG_2580

有料プランに加入することでより大きな容量のiCloudストレージにアップグレードできます。50GBで毎月130円、200GBで毎月400円、1TBで毎月1,300円となっています(2018年3月20日時点)

解決策②:「iCloudフォトライブラリ」や「バックアップ」をOFF

ご案内:iCloudフォトライブラリ「ON」の人にも対応した最新記事

この記事でフォローされていない、iPhoneの「写真とカメラ」設定で「iPhoneのストレージを最適化」設定にした方の写真の移動についても書いた最新記事をアップしました。

 

バックアップをiCloud上にとることを一切やめてしまえばiCloudストレージの圧迫は止まります。

「iCloudにバックアップをしたいんだ!」という人にとっては本末転倒なお話ですが、単純に「アラートを消したいんだ!」という人にはオススメです。

でも大量の写真が入っているiPhoneをバックアップなしに使うのはちょっとリスキーな状態です。もしiPhoneを水没してしまったり紛失してしまった場合、バックアップがないと写真は取り戻せません。

結局、2つの解決策は、「毎月おカネを払う」or「写真を失うリスクを増やす」という選択肢です。この問題は本当に難しくて、バッファローに勤める私もここ半年くらい問題意識を持っているテーマです。

「おもいでばこ」を使ってみる

以前、「iPhone本体の容量不足を解消する」というテーマで「おもいでばこ」を使ってみました。
バッチリ大成功で本体の容量は空けることができました。

そもそも「おもいでばこ」とは?

170218omoide_283

「おもいでばこ」は、自宅のテレビにつないで、写真・動画を保存、整理できるデジタルフォト・アルバム。ハードディスクを内蔵していて、スマホ・タブレット・デジタルカメラなどそれぞれに保存されている写真・動画を一か所に保存まとめて保存できます。保存した写真・動画は自動で整理されるほか、家族や仲間とテレビで楽しんだり、ひとりでスマホやタブレットから開けます。

写真・動画のバックアップにはもちろん、お気に入りの写真をスマホ・タブレットに容量を小さくして再度入れて持ち歩きすることもできます。


「おもいでばこ」の購入についてはこちら

今日は、そんな「おもいでばこ」を「iCloudの容量不足を解消する」のにも使えるんじゃないか?と思いチャレンジしてみました。

iPhoneの写真バックアップは2つの方法が混在しています

現時点ではiPhoneの写真のバックアップの仕方が2つ混在している状態です。従来どおりの「iCloudストレージへのバックアップ」と「iCloudフォトライブラリー」です。

①iCloudストレージへのバックアップ

従来どおりの「バックアップ」の方法で、カメラロールのデータをiCloudストレージ上にバックアップします。バックアップデータは、他のMacやiPadからは見ることができません。

②iCloudフォトライブラリ

iOS 8.3以降で、iPhoneに「iCloudフォトライブラリ」という機能が付きました。簡単に言うと「カメラロール」の写真がインターネット上のiCloudにコピーされ、新しいiPhoneに買い替えた時に、iCloudからまるごと今までの写真をダウンロードしたり、MacやiPadやブラウザーで「icloud.com」でも見られるよ!という結構ステキな機能です。iCloudにカメラロールまるごとコピーなので、バックアップと同じことです。

この「iCloudフォトライブラリ」、デフォルトではOFFになっているはずです。「iCloudフォトライブラリ」がOFFになっているのにも関わらず、「iCloudストレージがいっぱいです」と言われる場合は、高い確率でiCloud上に写真データのバックアップをとっています(iCloudストレージへのバックアップ)。

ご案内:iCloudフォトライブラリ「ON」の人も対応した最新記事

この記事でフォローされていない、iPhoneの「写真とカメラ」設定で「iPhoneのストレージを最適化」設定にした方の写真の移動についても書いた最新記事をアップしました。

iPhoneの写真バックアップ状態の確認

①「iCloudストレージへのバックアップ」のON・OFFの確認方法

「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」→「このiPhone」→「フォトライブラリ」のヨコのスイッチが緑ならON、白ならOFFです。

9232

②「iCloudフォトライブラリ」のON・OFFの確認方法

「設定」→「iCloud」→「写真」→「iCloudフォトライブラリー」のヨコのスイッチが緑ならON、白ならOFFです。

9231

前置きが長くなってしまいましたが、仕切りなおして手順です。

「iCloudストレージへのバックアップ」だった方は手順Aを、「iCloudフォトライブラリ」だった方は手順Bをご覧ください。

手順A:iCloudストレージへのバックアップから「おもいでばこ」に切り替え

おもいでばこアプリ」を使う方法です。

【1】バックアップをOFFにする

「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」→「このiPhone」→「フォトライブラリ」のヨコのスイッチを【OFFに(緑ではなく、白くなればOK)】

9232

【2】「おもいでばこ」にバックアップ

【1】を終えただけだとどこにもバックアップが存在しないので、ここで「おもいでばこ」を使います。

9241

  • iPhoneに入っている写真を全部「おもいでばこ」にとりこみ

9242

9242

9244

9245

しばし待ちます

9246

とりこみが完了したら、テレビでもiPhoneでもiPhoneに入っていた写真が見られるようになります。
「おもいでばこ」に入っているけれど、iPhoneにはないという写真をアプリを使ってダウンロードすることも可能です。

 

手順B:iCloudフォトライブラリから「おもいでばこ」に切り替え

こちらが結構ややこしいです。私はこちらのパターンです。

【1】「iCloudフォトライブリ」をOFFにする

「設定」→「iCloud」→「写真」→「iCloudフォトライブラリー」のヨコのスイッチを【OFFに(緑ではなく、白くなればOK)】

9231

OFFにすると、こんなメッセージがでてきます。

9234

iPhone本体の空き容量が十分にある場合(そういう場合は少ないとは思います)は「写真とビデオをダウンロード」を選び、iCloudにある全部の写真をiPhoneにダウンロードできます。(ダウンロード後は、上述の手順Aを実施して終了です。)

iPhone本体の空き容量が潤沢にない私のような場合は、「iPhoneから削除」を選びます。

するとまた確認のメッセージが出ます。

DSC05772_p

こちらも「iPhoneから削除」を選びました。iPhoneの中からいったん写真は消えてしまいますが、慌てなくても大丈夫。この後の手順で出てくる「icloud.com」からダウンロードできます。

【2】iCloud上の写真を全部パソコンにダウンロード

DSC05780_p
※MacでもWindowsでもどちらでもOKです。

  • サインインし、「写真」をタップ

DSC05786_p

  • しばらく待ちます。

DSC05787_p

  • 「アルバム」をクリックします。

9235

  • 「全ての写真」をクリックします。

DSC05790_p

  • 一番左上の写真をクリック、一番右下の写真を「Shift」を押しながらクリック→全選択されます

DSC05793_p

  • 「ダウンロード」をクリック

DSC05794_p

  • 確認メッセージが出ますが「ダウンロード」

DSC05795_p

  • しばし待てば完了

DSC05796_p

今回はiCloud上の全2,127枚をダウンロードしましたが、1時間強の時間がかかりました。

【3】パソコンにダウンロードした写真を「おもいでばこ」にバックアップ

ダウンロードしてきた写真をツール・アプリを使った「おもいでばこ」にバックアップします。私はMacユーザーなのでMac用おもいでばこアプリを使用します。
※操作はWindows用もMac用もどちらも基本的な操作は同じです。

▼Macの方はこちら
おもいでばこ Macアプリ ダウンロード
▼Windowsの方はこちら
おもいでばこ Windowsアプリ ダウンロード

  • アプリをダウンロード
  • アプリを起動

DSC05782_p

  • 「おもいでばこ」を選択

DSC05783_p

※「おもいでばこ」と「パソコン」はそれぞれ同じネットワーク(Wi-Fiルーター)に接続されている必要があります。

  • アプリの画面に・・・iCloudからダウンロードした写真をドラッグ&ドロップで投げ込む(写真いっぱいのフォルダーまるごと投げ込むことも可能です)

DSC05784_p

DSC05797_p

※ちなみに全部一気にやろうとしたらこんなエラーが・・・なので、今回は一度に送る枚数は600枚程度に抑え、何度かにわけてとりこみました。

DSC05798_p

2015/9/24 追記
商品企画担当によると、Mac版アプリは、フォルダーをまるごとドラッグ&ドロップするとフォルダーの中の写真は何枚でも一度にとりこめるようです。(早く知りたかった(笑))

  • 送信をクリック

DSC05800_p

  • 待ちます

DSC05803_p

DSC05805_p

  • 完了!

DSC05806_p

お疲れ様でした。これでiCloudにあった写真はパソコンとおもいでばこに二重に保管されました。繰り返しになりますが、「おもいでばこ」に入っているけれど、iPhoneにはないという写真をアプリを使ってダウンロードすることも可能です。

まとめ

長かったですが、「おもいでばこ」を使って「iCloudストレージがいっぱいです」問題を抜け出し、バックアップ先を「おもいでばこ」に変更することができました。

今後はiCloudフォトライブラリがOFFになっているので、iPhoneに増えた写真は帰宅時にまめに「おもいでばこ」に移してiPhoneからは消すという運用にします。「え、それ、二重保存じゃないからバックアップじゃないじゃん!?」というツッコミを入れてくれるまでに読んでくれたくれた方がいたらとてもうれしいです(^-^)

「おもいでばこ」は保存した写真のバックアップを大切に残すために、背面に外付けハードディスクをつなぐと、「おもいでばこ」全体のバックアップを自動でとってくれる仕組みも用意されているので、そちらを利用しようと思います。

▼デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」

banner_omoidebako_pc

PD-1000Sシリーズ
Amazon: 1TBモデル 2TBモデル

関連記事

この記事でフォローされていない、iPhoneの「写真とカメラ」設定で「iPhoneのストレージを最適化」設定にした方の写真の移動についても書いた最新記事をアップしました。

「おもいでばこ」アップデートリリースのお知らせ

(2018年3月20日追記)

 

月間人気記事ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加