iOS15で新しくなったiPhone写真アプリの新機能を実際に利用してみた感想

iOS15で新しくなったiPhone写真アプリの新機能を実際に利用してみた感想

2021年9月21日に公開されたiOS15。
このアップデートでは、写真アプリにも新しい機能が追加されました。
メモリー機能(保存された写真の中からスライドショーのアルバムを自動で作成する機能)が進化したり、人物の自動認識機能がさらに進化したりと、さらに使いやすく、写真をより楽しめるようになりました。

この記事では、iOS15写真アプリの新機能の使い方が良く分からない方に向け、さらに使いやすくなった写真アプリの新機能を解説していきます。

iOS15写真アプリで進化した主な新機能は3つ
iOS15写真アプリでは、主に下の3つの機能がパワーアップしました。



1.あなたと共有
2.メモリー
3.詳しい情報

それぞれ詳しく紹介していきますね。

『あなたと共有』機能について

iOS15の写真アプリのForYouタブの「あなたと共有」では、メッセージアプリでやり取りした写真やビデオを、ダウンロードしなくても見ることができるようになりました。
(※ただし、この機能を利用するには一定の条件があります。詳しくは後述します。)

従来はメッセージアプリでやり取りした写真や動画でもダウンロードしなければ写真アプリには表示されませんでした。
しかしiOS15では、わざわざダウンロードしなくても、メッセージアプリのやり取りだけで写真アプリで見ることができるようになります。

「あなたと共有」機能の注意点

ただし、公式サイトでの発表がないため基準は分からないのですが、この機能を使うには一定の条件(お互いに連絡先が登録されていたり、過去にメッセージのやり取りをした履歴があったり、双方がiOS15にアップデートしていることなどが考えられます)があるようです。
そのため、確実に写真を写真アプリに保存したいというときは、今まで通りダウンロードして保存することをおすすめします。

ちなみに私が試してみたところ、同じ条件のもとiPhone2台でメッセージアプリでやり取りしてみましたが、1台しか「あなたと共有」は出てきませんでした。
また、「あなたと共有」が出てきた1台も、出てくるまでメッセージのやり取りから半日程度時間があきました。もし「あなたと共有」が出てこないという方は、少し待つと出てくるかもしれません。

『メモリー機能』について

「メモリー」は保存されている写真から自動で写真を選別してくれてスライドショーのアルバムを作ってくれる機能で、iOS15ではさらに進化しました。新しく追加された機能は下記の通りです。

Apple Musicとの連携や提案機能

Apple Musicのサブスクリプション登録者は、新しく追加された数百曲に加えて、Apple Musicライブラリにある数千万曲の中から好きな楽曲を追加できます。(サブスクに登録していなくても、ある程度は選べるようです。)

メモリー画面の右下、♪マークから曲を検索することができます。

そして、好きな楽曲をApple Musicライブラリから選ぶことができました。
自分がいつもApple Musicで聞いている曲を選ぶことができるので、思い出の曲を入れたりもでき、とても良いなと思いました。

※赤線の曲は私のApple Musicのライブラリの曲です。

ただし、通常メモリーは曲付きで共有できるのですが、サブスクでしか利用できない曲を設定した場合は、曲は共有できず、音楽は共有可能な別の曲に設定しなおさなければいけませんでした。

また、中には設定できない楽曲もあるようでした。

「メモリー」内の時間や場所で流行っていた曲、旅行中に聞いていた曲、コンサートを観に行ったアーティストの曲の提案も可能。

こちらは残念ながら私の写真アプリでは提案がありませんでした。普段あまり音楽を聴く時間がないからでしょうか。普段から音楽をよく聞いている方であれば提案があるのかもしれません。

フィルタ加工

メモリーでは、フィルタ加工が可能となりました。

操作性が向上

iOS15のメモリーでは、タップして一時停止したり、一つ前の写真や次の写真を簡単に表示したりできるようになりました。

また、メモリーの写真を追加したり削除したり、表示する時間を調整することもできます。

iOS15では写真の詳しい情報として、カメラ、レンズ、シャッタースピード、ファイルサイズといったその写真に関する情報や、メッセージで「あなたと共有」の写真を送信した人の名前が表示されます。写真アプリで写真を選び、iマークを押すか上にスワイプすると表示されます。
位置情報を追加したり、日時の調整をすることも可能です。

『人物の認識機能』も改良あり

そのほか、iOS15では人物の自動認識機能なども改良されています。

自動認識機能の性能がさらに向上

人物の自動認識機能の性能がさらに向上しました。人物を検知した場合、写真のiマークを押すか上にスワイプすると左下にタグが表示されるようになります。

試してみたところ、最近はマスクをしている写真も多かったのですが、ほぼ認識できていると感じました。
また、子供の赤ちゃんからの成長って顔がけっこう変わることがあると思うのですが、成長記録ムービーも正確に認識している気がします。

候補への表示を減らすことができるようになった

メモリーやおすすめの写真は自動で選定されるため、好みではない写真や人物が出てきてしまうシーンもあると思います。
iOS15では、メモリーや人物の表示をなくすことはできませんが、メニューバーや人物タグをタップすることで候補への表示を減らすことができるようになりました。


そのほか、メモリー内の特定の日付、場所、休日、または「ライブラリ」タブ内でハイライトされている項目の表示も減らすことが可能です。

機種変更時にiCloudを無料で3週間利用可能

iOS15では、iCloudのストレージの容量が足りない場合でも、機種変更時に限り、バックアップを完了するために必要なストレージの容量を最大3週間無料で提供してくれます。

出典:Apple公式サイト
今まで、iCloudなどでバックアップを利用していない場合は、、、

「機種変更したいけれど、大量の写真をデバイス間で転送するのに時間がかかりそう…」

「デバイス間でのデータ転送時に問題が起こり、写真が全部消えてしまったらどうしよう…」

など、迷われていた方も多いと思います。

しかしこのバックアップ無料機能では、まず古いデバイスでiCloudにバックアップをとっておき、それを新しいデバイスで復元するだけでOKです。そのため、今までよりも気軽に機種変更できるのではないでしょうか。

とは言え、iOS15でバックアップが無料で利用できるのはたった3週間です。

無料期間終了後は、その容量に合ったプランを課金し続けるか、課金しない場合はバックアップを失ってしまうこととなります。

スマホを絶対になくしたり壊したりしないという自信があっても、突発的な事故はいつどのように起きるか分かりません。

また、使いやすくなったiOS15では、写真を共有したり送られてきたりする機会も増え、写真を保存しておきたいと考えるシーンはさらに増えていくのではないでしょうか。
そう考えると、やはりバックアップがないというのはちょっと怖いですよね。

ただ、、、

「写真の保存に手間をかけたり、操作性が悪いのは嫌。でも、お金もそんなにかけたくない……。」

そう考える方も多いです。

そんな方におすすめの方法が『おもいでばこ』を使うことです。

大事な写真は、『おもいでばこ』へ

『おもいでばこ』は、アプリやテレビにつないで、写真や動画を保存、整理できるデジタルフォト・アルバム。

『おもいでばこ』には、下記のような特長があります。

買い切り型で容量が大きく、コスパが良い

『おもいでばこ』は買い切り型の機器で、月々の利用料などは特にありません。
容量は1TBと2TBの大容量モデルがあり、たくさんの写真を保存できます。
iCloudやGooglePhotoなどのクラウドサービスへの課金と比べコスパが良いのが特長です。

LINEやメッセージアプリ、FacebookなどSNSとの共有も簡単

『おもいでばこ』に保存されている写真や動画は、LINEやメッセージアプリ、FacebookなどSNSとの共有も簡単です。(※ただし、おもいでばことスマホが同じネットワーク内にある場合のみとなります。オフラインで利用したい場合は、あらかじめおもいでばこのクリップ機能を使ってスマホに写真を保存しておきます)
スマホのアプリ内で完結するため、クラウドサービスと同じような使い心地で写真を保存したり共有できる、使いやすさが大きな特長です。

スマホ内の写真・動画の保存はアプリを通じて簡単にできる

『おもいでばこ』への写真や動画の保存は、アプリを通じて簡単にできます。
スマホだけで完結するのでケーブルなども必要なく、手軽に外部機器に保存できます。

写真を見たり、整理するには大きなテレビ画面でできる

『おもいでばこ』はテレビと連携し、大きな画面で写真や動画を見たり、整理できるのが大きな特長です。
写真は日付ごとにカレンダー形式での表示も可能で、アルバムも自由に作成できます。みんなで写真を見て楽しんだり、また写真を探したり、整理したりが自由にできるのも使いやすいポイントです。

SDカードやUSB機器からの取り込みもパソコン要らずで手軽

『おもいでばこ』にはSDカードスロットやUSB端子があるので、パソコンやケーブル要らずで、すぐに様々なデバイスから写真の取り込みができます。
SDカードやUSB機器に入っている写真も『おもいでばこ』経由でLINEのトーク画面に共有できます。
デジタルカメラやビデオカメラで撮った運動会や発表会などの写真も手軽に共有でき、写真の楽しみ方が広がりますよ。
banner_omoidebako_pc

まとめ

新しくなったiOS写真アプリは、写真を撮ることはもちろんですが、メモリー機能の充実や共有機能を通じて「写真を一緒に見て、共有して、楽しむ」ことに重点を置いていると思います。

Appleは、写真は昔のようにとりあえず記念に撮っておいて、ずっとそのままにしておくのではなく、写真と音楽と連携したり、人物やシーンごとにまとめたり、それをすぐに共有したり・されたりして、月日の垣根なくいつでも楽しめるものにしていきたいと考えていて、さまざまな新機能を提案してきているのではないでしょうか。

そんなふうに進化していくiOSを十分に楽しむためには、まずは増え続けていく写真や動画を保存する環境を整えることがとても大切だと思います。

素敵な写真やメモリーが共有されたとしても、容量不足で保存できず、見返したり誰かと楽しさをシェアできないのは、何よりもったいないことですよね。

増え続けていく写真や動画を保存するのにおすすめなのが『おもいでばこ』を使う方法です。

iCloudと同じようにアプリで操作できる使いやすさと、外部に保存しているという安心感、そして買い切り形でコスパの良さなど、さまざまなメリットがあります。

『おもいでばこ』を使って、新しいiOSを思い切り楽しんでみてくださいね!
banner_omoidebako_pc